情報処理センター
Information Processing Center

Microsoft 365 Educationについて

学生および教職員がMicrosoftの各サービスとソフトウェアを利用可能になる Microsoft 365 Education (旧名Office 365 Education) を提供しています。また、大学が締結しているMicrosoftとの包括ライセンス契約に基づき、Student AdvantageならびにTeacher Advantageの特典を有しており、オフラインのデスクトップ版Microsoft Officeが使用できます。

概要については「Microsoft 365 Educationの概要」も参考にしてください。

利用資格

大学メールアドレスを所有する学生・教員・職員が利用できます。

※ 非常勤講師で大学メールアドレスを所有していない場合は、情報処理センターにメールアドレスを申請してください。
※ 組織アカウントならびに大学に籍を有していない退職者や名誉教授の方は利用できません。

利用方法

  1. はじめにサインアップを行う必要があります。下記サインアップサイトをブラウザで開き、登録を実施して下さい。
    https://www.microsoft.com/ja-jp/education/products/office
    ※ 登録するメールアドレスは大学のメールアドレス("@kyokyo-u.ac.jp"のアドレス)です。大学のメールアドレス以外では利用できません。大学のメールアドレスを取得していない場合は利用できません。
  2. サインアップを開始すると、入力したアドレス宛にメールが送られます。メールの指示に従ってサインアップを完了して下さい。
    ※ サインアップの途中でパスワードの登録を求められます。このパスワードは大学メールのパスワードとは異なります。必ず、別のパスワードを入力して下さい。

詳細な手順については以下のマニュアルをご覧ください。

Microsoft 365 Education サインアップ手順

※ サインアップ時に入力した姓、名および学生・教職員の選択をユーザーは後から変更できません。もし、間違ってしまった場合は、情報処理センターにご連絡ください。

Microsoft 365 Education の使い方

Microsoft 365 Education を使用するにはMicrosoft 365 ポータルサイトにアクセスします。下記サイトをブラウザで開いて下さい。

https://www.office.com/login

アカウントにはメールアドレス("@kyokyo-u.ac.jp"を含めて記載して下さい)を、パスワードにはサインアップで登録したパスワードを入力して、サインインして下さい。

※ Microsoft 365 のパスワードは情報処理センターでもわかりません。もし、パスワードを忘れた場合は、下記の「パスワードを忘れた場合」の方法でパスワードリセットを実施してください。

サインイン後に各サービスへアクセスするメニューやボタンが表示されます。必要なサービスにアクセスして下さい。なお、Officeのインストールや各サービスの使用について、情報処理センターでは一切サポートしていません。問題が発生した場合は、Microsoft 365ポータルサイトのヘルプをご利用ください。

2段階認証の設定について

2021年4月1日より、2段階認証が強制になりました。初回ログイン時に設定が求められますので設定をお願いします。

設定方法については下記のPDFファイルも参照してください。

Microsoft365の2段階認証の設定方法

パスワードを忘れた場合

パスワードリセットは情報処理センターが実施します。大学メールアドレスで情報処理センターに依頼してください。

  1. Webメール(kuemail)にログインします。
  2. 情報処理センター宛に下記内容のメールをお送りください。
    題名: 「Microsoftアカウントパスワードリセット希望」
    本文: 「Microsoftアカウントパスワードリセット希望」
    ※ 文言が異なっていても、趣旨がわかるものであれば受付します。
  3. 情報処理センターからパスワードリセットについての案内のメールが送られます。メール内容に従ってリセットを行ってください。

※ 情報処理センターのメールアドレスはWebメール(kuemail)のトップページに書いてあります。

注意事項
  • 情報処理センターのスタッフの勤務時間は平日9:00-17:00です。勤務時間外は対応できません。
  • メールでのパスワードリセット依頼は翌営業日以降になる場合があります。急ぎの場合は、メールを送信後に電話でご連絡ください。電話のみでの依頼は受け付けません、必ずメール送信後に連絡してください。
  • メールでのパスワードリセット依頼は大学メールアドレス以外での依頼は受付しません。必ず、大学メールアドレスを使用してください。(大学メールアドレスでない場合、本人確認ができないためです。)
  • 情報処理センターがパスワードリセット可能なのは大学メールアドレスを用いたMicrosfotアカウントです。個人のMicrosoftアカウントはリセットできません。

Microsoft Teams マニュアル

Microsoft Teamsを使用して、会議やオンライン授業を行うための簡単なマニュアルを作成しました。

Microsoft Teamsでビデオ会議を実施する

Microsoft Teamsでオンライン授業を行う

Teamsのカレンダー機能について

Teamsのカレンダー機能を使用する場合には、管理者側での設定が必要です。利用を希望される方は、お手数ですがメールにて情報処理センターにご依頼ください。

その他の情報

各お知らせを参考にしてください。

制限事項
  • 利用可能期間は大学の在籍期間になります。大学メールアドレスが削除された後に、アカウントは削除されます。
  • アカウント削除時にアカウント所有のすべてのデータが削除されます。共有しているデータも削除される場合があります。
  • Microsoft 365 Education が提供するすべてのサービスの利用を保証するものではありません。
  • Microsoft 365 を利用する際は、最新のモダンブラウザー(Google Chrome、Mozilla Firefox、Microsoft Edge、Apple Safari)を使用してください。Internet Explorer 11 または 旧Microsoft Edge(EdgeHTML版) での Microsoft 365 の利用サポートは終了します。

QA

利用できません。アカウントは削除されます。クラウド上のデータも削除されますので、卒業前にデータを退避しておいて下さい。

利用できません。ライセンスがない状態になり、制限がかかります。個人でMicrosoft 365を購入するか、アンインストールしてください。

Macでもサービスを利用できます。また、オフライン版OfficeにもMac版が用意されています。

自分のパソコンであれば、1人5台までOfficeをインストールすることができます。ただし、利用資格(本学のメールアドレスを持っている)のない者が利用するとライセンス違反になります。注意してください。

クラウドサービスであることを自覚して、取り扱うデータの種類には十分配慮してください。また、サービスの停止などにより、データが削除される場合があります。定期的なバックアップや、パソコンとのフォルダ同期ツールと併用されることをお勧めします。卒業・退職によりアカウントを削除した際には、全てのデータを削除しますのでご注意ください。

割当ライセンスを変更しますので、情報処理センターにご連絡ください。

氏名を変更しますので、情報処理センターにご連絡ください。