情報処理センター
Information Processing Center

Google Workspace for Education Plusについて

2022年2月より有償プランの Education Plus の提供を開始しました。現在のところ、提供期間は2023年2月20日までの予定です。

Education Plusによって追加される主なサービスや機能等は以下のとおりです。

下記情報は2022年2月24日時点です。Googleの方針により、変更されている場合があります。

主なサービスの上限人数 (赤字が追加部分)

  • Classroom: 1,000人 (ただし、教師は20人まで)
  • Google Meet:
    • 通常の会議: 500人
    • ライブストリーミング: 10万人 (ただし、京都教育大学のアカウントを持つユーザーに限る)
  • ファイルの共同編集: 100人
  • 共有ドライブのメンバー: 600人 (ユーザーとグループの合計、ただし、グループは100グループまで)

主なサービスの上限容量(赤字が追加部分)

組織全体の保存容量(全ユーザーのメールやドライブ上のデータすべての合算): 100TB + 1ユーザーあたり20GB
Google ドライブへの1 日あたりのアップロード容量の上限(ただし進行中のアップロードは最後まで行われる): 750GB
Google ドライブにアップロード可能なファイルサイズ: 5TB

※ 現在、一人あたりの保存容量に制限は設けていませんが、大学全体としての上限があります。全体の空容量が切迫した場合は、一人あたりの保存容量を制限させていただく場合があります。

主な利用者向け機能の追加

Classroom
  • 独自性レポート(類似レポートの比較)
Googleドキュメント・スプレッドシートなど
  • ドキュメントの承認
Google Meet
  • 会議の録画とドライブへの保存 (2022年1月9日までは無料版でも使用可能でした)
  • ノイズキャンセル
  • ブレイクアウトセッション
  • アンケート
  • Q&A
  • 出欠の確認・出席レポート(参加者が 5 人以上の場合)
  • ライブストリーミング