// 日付, カレンダー設定値パターン 2020/10/03, sat 2020/10/10, sat 2020/10/17, sat 2020/10/24, sat 2020/10/31, sat 2020/11/07, sat 2020/11/13, sat 2020/11/14, sat 2020/11/21, sat 2020/11/30, sat 2020/12/01, sat 2020/12/02, sat 2020/12/03, sat 2020/12/04, sat 2020/12/12, sat 2020/12/19, sat 2020/12/22, sat 2020/12/23, sat 2020/12/24, sat 2020/12/25, sat 2021/01/09, sat 2021/01/16, sat 2021/01/23, sat 2021/01/29, sat 2021/01/30, sat 2021/01/31, sat 2021/02/06, sat 2021/02/07, sat 2021/02/12, sat 2021/02/12, sat 2021/02/15, sat 2021/02/16, sat 2021/02/17, sat 2021/02/18, sat 2021/02/19, sat 2021/02/22, sat 2021/02/24, sat 2021/03/01, sat 2021/03/02, sat 2021/03/04, sat 2021/03/05, sat 2021/03/08, sat 2021/03/09, sat 2021/03/10, sat 2021/03/11, sat 2021/03/15, sat 2021/03/16, sat 2021/03/17, sat 2021/03/18, sat 2021/03/19, sat 2021/03/23, sat 2021/03/24, sat 2021/03/25, sat 2021/03/26, sat 2021/03/29, sat 2021/03/30, sat 2021/03/31, sat 2020/10/04, close 2020/10/11, close 2020/10/18, close 2020/10/25, close 2020/11/01, close 2020/11/03, close 2020/11/04, close 2020/11/08, close 2020/11/15, close 2020/11/22, close 2020/11/23, close 2020/11/28, close 2020/11/29, close 2020/12/05, close 2020/12/06, close 2020/12/13, close 2020/12/20, close 2020/12/26, close 2020/12/27, close 2020/12/28, close 2020/12/29, close 2020/12/30, close 2020/12/31, close 2021/01/01, close 2021/01/02, close 2021/01/03, close 2021/01/04, close 2021/01/10, close 2021/01/11, close 2021/01/17, close 2021/01/24, close 2021/02/11, close 2021/02/13, close 2021/02/14, close 2021/02/20, close 2021/02/21, close 2021/02/23, close 2021/02/25, close 2021/02/26, close 2021/02/27, close 2021/02/28, close 2021/03/03, close 2021/03/06, close 2021/03/12, close 2021/03/13, close 2021/03/14, close 2021/03/20, close 2021/03/21, close 2021/03/22, close 2021/03/27, close 2021/03/28, close
// キー、カレンダー日付背景色、ラベル、 ラベル色 // すべて半角英数時、[,](カンマ)も半角で入力してください。 normal,#ffffff,9:00〜21:00,#444444 sat,#dae9ff, 9:00〜17:00,#4691ff close,#ffcccc,休館(CLOSED),#ff0000 // special,#ffd700,9:00〜21:00,#ffd700 // open,#32cd32,HPリリース記念日,#32cd32
電子ジャーナル・データベース

本学蔵書検索[OPAC]

蔵書検索システム[OPAC]による図書館の所蔵検索

電子ジャーナル・データベースについて

調べたいテーマに関してどのような論文があるかを調査するときは、 図書館提供のオンラインデータベースや無料インターネットサイトの検索が便利です。 また、それらの中には、 雑誌の目次や論文の概要(抄録・Abstract)だけでなく、 論文全文を見ることができるものがあります。 そのようなインターネット上で読める雑誌のことを電子ジャーナルと呼んでいます。また、最近ではインターネット上で読める図書を電子ブック(電子書籍)と呼び、電子書籍プラットフォームのようなデータベースを利用することで利用できるタイトルを拡大しています。

データベース・電子ジャーナル一覧

図書館内・大学及び附属学校園内にある、 学内LANに接続されたコンピュータからの利用することができます。学外からの、プロバイダー等経由の接続では利用はできません。

※ 一般的な禁止事項や提供者ごとに一定の利用条件があります。各サイト等で確認の上、 条件の範囲内で利用してください。

CiNii Articles (国内・日本語・欧文)

学協会刊行物・大学研究紀要・国立国会図書館の雑誌記事索引データベースなどの学術論文情報を検索できます。

EBSCOhost AcademicSearchElite (欧文)

社会科学、人文科学を中心に自然科学・医療・デザイン・コンピューター等幅広い分野を網羅する大学・学術機関向け雑誌論文データベース。 目次情報・抄録は3400誌以上、全文は2000誌以上収録。

EBSCO Discovery Service (EDS)

EBSCO社の提供するディスカバリーサービス。ディスカバリーサービスとは、複数のデータベースを一つの検索窓から一度に検索できるサービスのこと。 本学が契約していないデータベースも検索するため、今までの検索では見落とされてきた情報なども発見できる可能性がある。

PsycARTICLES (欧文)

心理学を中心とした欧文図書・雑誌に収録された論文のデータベース。(1887年~現在)。「Full Text」の表示のある論文は、全文閲覧可。EBSCOhostより検索できます。

ScienceDirect (欧文)

Elsevier社(欧文学術雑誌出版最大手)のデータベース。目次情報・抄録および約1,000誌の電子ジャーナルが利用できます。 

聞蔵II ビジュアル (朝日新聞)

朝日新聞の記事検索及び原文を表示・印刷可。1984年発行から、本紙および週刊朝日・AERAの記事、 地方版の検索が可能。本誌掲載当日でも、「総合」「社会」「経済」「政治」「スポーツ」「国際」の各面記事は、表示・印刷可。 学内1アクセス限定のため、ほかの人が利用しているとログインできません。利用終了後は必ずログアウトしてください。

JapanKnowledge Lib

70以上の辞事典、叢書、雑誌が検索できます。収録コンテンツ一覧はこちら。

Maruzen eBook Library

丸善雄松堂の電子書籍プラットフォームです。購読契約タイトル一覧を選ぶと現在閲覧・視聴できるタイトルに絞り込めます。

NII REO (Springer: Online Journal Archives、EEBO(Early English Books Online)など)

NII電子リソースリポジトリ(NII-REO)は、日本の大学等教育研究機関に対して、安定的・継続的に電子ジャーナル等の学術コンテンツを提供するものです。
電子ジャーナルアーカイブ(Springer: Online Journal Archives (1832-1999) )、人文社会科学系電子コレクション(Early English Books Online (EEBO))が利用できます。

日本教育新聞記事検索データベース

日本教育新聞の記事検索及び原文を表示・印刷可。教育に関するキーワードから検索できる他、連載を一覧することも可能。利用には専用のIDとパスワードが必要です。詳細はこちらをご確認ください。

官報情報検索サービス

官報(本紙、号外、政府調達公告版、資料版、目録)を検索できるサービス。 昭和22年5月3日・日本国憲法施行日以降~当日発行分の官報を、日付・キーワード等で検索可。検索・閲覧希望の場合はカウンターに申し込んで下さい。

国立国会図書館デジタル化資料送信サービス

国立国会図書館が収集・保存しているデジタル資料を検索・閲覧できるサービスである "国立国会図書館デジタルコレクション"で提供されている資料を本学からでも閲覧できるサービス。 館内の特定端末からのみアクセスできます。

参考: [国立国会図書館デジタル資料送信サービス]