教職キャリア高度化センター
教職キャリア高度化センター
学校ボランティア
教職キャリア高度化センター
スポーツ指導者養成事業
教職キャリア高度化センター
京のせんせい学びサークル
教職キャリア高度化センター
メンターシップ育成事業
教職キャリア高度化センター
先生を "究める" Web 講義
詳細 ログイン
教職キャリア高度化センター
学び続ける教員へのメッセージ(講演会等)
教職キャリア高度化センター
京都府・京都市との連携講座
教職キャリア高度化センター
京都府・京都市との連携事業

スポーツ指導者養成事業

体育・スポーツ指導力養成プログラムについて

プログラム紹介

体育・スポーツ指導力養成プログラムは、

①京都教育大学の授業科目

②日本スポーツ協会指導者資格『スポーツリーダー』

③京都教育大学地域スポーツクラブ(KYO2クラブ)をフィールドとするインターンシップ

の3本柱で構成され、プログラム修了者には大学から『スポーツ指導者資格』認定証を授与しています。

本プログラムは基礎・上級の2コースあり、それぞれのコース・学生の所属専攻に応じたカリキュラムを設定しています。

program.png

※平成28年度以降入学生(平成27年度以前入学生のカリキュラムはこちら

プログラムの特徴

スポーツクラブ指導入門

講義、KYO2クラブにおける見学・実地指導の経験、振り返りの研究討議を通じて、発育発達期(主に小学校後期)における運動指導の意義や課題の理解、学校運動部活動の現状と課題の理解、体育・スポーツ指導者として各自が身につけるべき能力の見極めを行います。

program_img2.png

インターンシップⅠ・Ⅱ

KYO2クラブにおいて指導経験を積み、実践的指導力の養成を図ります。学校現場において豊富な運動指導経験を有する退職教員を指導担当客員教授として招聘し、事前指導・指導実践・事後指導の PDCA サイクルを2段階のインターンシップを通じて繰り返し、優れた指導者としての実践的指導力・マネジメント力を養成します。

program_img3.png

育む力

本プログラムでは、体育を専門としない学生、運動経験が少ない学生に対して、学校現場の実情や児童・生徒の実態に応じて適切な運動指導・運営ができる能力、さらに専門(得意)でない種目のスポーツにおいても適切な指導・運営ができる能力の養成を行います。

その能力のコアとなるものを、本プログラムでは「ティーチング・コーチングスキル」と表現し、4つの具体的要素から構成されるとし、能力の養成を行っています。

program_img4.png

プログラムの活動状況

体育・スポーツ指導力養成プログラム通信

平成29年度より、「体育・スポーツ指導力養成プログラム通信」にて、本プログラムの活動状況を紹介しております。

(年2回発行予定)

第1号 第2号 第3号  第4号 第5号
(H29.10) (H30.4) (H30.8) (H31.4) (R1.9)

プログラム参加者の声

スポーツクラブ指導入門受講者アンケート

体育・スポーツ指導力養成プログラム修了生アンケート

指導教員

福田 晴也 先生

fukuda_t.pngのサムネイル画像経歴

元京都府立高等学校教諭(保健体育)

主な部活動指導歴:陸上競技

先生から

京都府立高等学校の教員として、陸上競技部の顧問として38年間勤務しておりました。

このたび、杉岡先生から引き継ぐことになりましたのでよろしくお願いします。

実技の指導においては「百聞は一見にしかず」をモットーにしておりました。若い指導者は生徒に師範できるように努力しましょう。自分が最終的にできなくても、その努力の過程は指導に活かせると思います。

陸上競技では競技に関心をもって入部してきた子を心身ともに伸ばしてやりたいとの思いで指導してきました。答えはありませんが、工夫と模索あるのみと思っています。

昨今、教員の働き方改革のあおりで、公立学校の部活動の時間が制約を受けるようになってきました。中学では週2日、高校では週1日の休部が進んでいます。今後、学校外でのクラブ活動が一層重要視されるようになります。


福田 博 先生

fukuda.png経歴

元京都市立中学校教諭(保健体育)

主な部活動指導歴:サッカーなど

先生から

ある著名な映画監督が子ども時代を顧みて語ったことがある。

「家族が言葉を交わさなくても、今誰が幸せで誰が傷ついているか全部分かった」風通しのいい木と紙の家で育った日本文化は「気配を思いやる文化」だと。

携帯電話や電子メールが普及し、心を通わせる手段は格段に広がった。入れ替わりに「気配」を察する能力は日本の社会から退化しつつあるのかもしれない。学生諸君は、子どもたちの指導を通していかに集団を機能的かつ楽しく動かすかというテクニカルな部分はそれほど悩むことはない。指導者の情熱とひた向きさを子どもたちはすぐに見抜いてくれるから。それよりも、子どもたちとの触れ合いを通して座学では学び得ない「気配」を察する能力をぜひ高めておいて欲しい。

それは、気配を察する『五感』。

小さな幸せ、小さな悲しみを見逃さない研ぎ澄まされた感性を今のうちに磨いておいてください。


海原 洋 先生

kaibara.png経歴

元京都市立小学校校長

元京都市スポーツ連盟会長など

先生から

このプログラムが、皆さんにとってどれほど必要なものなのかは、実際に皆さんが子ども達と接した時に実感できます。

このことに関して、インターンシップⅠを終了した受講生の声を紹介します。

【子ども達は、私が想像していたよりも運動能力が高く、「挑戦する心」をみなそれぞれが持っていた。そして、子ども達の一生懸命に頑張る姿を目の当たりにした時、私も自然と応援したくなり、成功した時の喜びを感じてほしいと思うようになった。いつの間にか、子ども達のおかげで、私も指導する楽しさを感じることが出来た。この経験は今後のインターンシップⅡや教育実習など様々な場面できっと活きるだろう。】

子どもの喜びが指導者の喜びに繋がっていく。子どもの成長が指導者の成長をも促していく。

私自身、人が人を教育することの奥深さと楽しさをその都度感じています。


北川 順一 先生

kitagawa.png経歴

元京都教育大学附属桃山中学校教諭(保健体育)

元京都市立中学校教諭(保健体育)

主な部活動指導歴:サッカーなど

先生から

保健体育の教科指導とサッカー部の指導を37年間してきました。

「できないことをできるように」「今よりもさらにできるように」なるために、生徒には『工夫と努力』の大切さを

言い続けてきました。

この講座を担当してこんなことを思っています。

「逆上がりができない先生」「泳げない水泳部の先生」こんな先生がいてもいいと・・・・・もちろん、できるにこしたことはないけれど・・・・・

こう考えてみてください。

運動が苦手な子どもの気持ちがよく分かる。勝つことばかりを求めるのではなく運動の楽しさを求めて子どもと関わる。ここから始めればいいと思います。

スポーツリーダー養成講習会

スポーツリーダーとは、現在、地域におけるスポーツグループやサークルなどのリーダーとして、スポーツ指導にあたっている方や、これからあたられる方におすすめの資格です。取得後は、競技別指導者資格やフィットネス資格へステップアップすることも可能です。詳細は、公益財団法人日本スポーツ協会 HPをご覧ください。

本学では毎年、公益財団法人日本スポーツ協会公認「スポーツリーダー養成講習会」を実施しております。


2019年度京都教育大学スポーツリーダー養成講習会開催要項はコチラ