教員の資質として、学習指導とともに生徒指導の分野で求められるものが非常に大きくなっています。それ は、現代の子どもたちがそれだけ多くの課題を抱えており、そのような児童生徒を的確に理解し、関わるには 高度な実践力が必要になってきているためと考えられます。ここ数年、不登校、「いじめ」や問題行動、また発達 障害など特別なニーズを持つ児童生徒への対応について、地域や保護者から教員に向けられる期待も高く、社 会的な要請も高まっています。

本コースは、このような課題に対し、学校現場における生徒指導力の向上をねらいとして、多様な問題を的 確に把握し、様々な視点・留意点を踏まえた対応策を主体的・具体的に立案できるような教員の育成を目的とし ています。そのため、本コースでは、現職教員が現在抱えている課題を中心とした事例研究や実際に学校現場 や様々な関連施設に出向いて行うフィールドワーク、具体的な支援策について各自が立案していくシミュレー ションなどを重視しています。

また本コースでは、複雑でとらえにくい現代の子どもたちの思いを深く理解し、支援していくために、臨床心理学の視点やカウンセリングの技 法等を取り入れた授業などを実施し、それぞれの領域の第一線で活躍し、実際に子どもたちや教員と直接関わっている、京都教育大学、京都産業 大学、佛教大学の研究者や実務家教員が担当します。

望ましい集団づくりの実践と課題
児童生徒理解の理論と実践
教育相談・特別支援演習
生徒指導充実のための学校内外の連携
生徒指導力高度化実践研究Ⅰ
生徒指導力高度化実践研究Ⅱ

  • 石井 大記

    いしい だいき

    京都教育大学・准教授
    京都市教育委員会

    京都市立中学校教員として、21年間教壇に立つ。学級担任をしながら生徒指導事・学年主任として一人一人を徹底的に大切にするという理念のもと、思春期の子どもたちの多様な表出現象と真摯に向き合いながら、子どもたちの自己指導力を育むことに力を注いできた。この間、5中学校統合・新設校開校にも携わる。その後、京都市教育委員会生徒指導課指導主事として全市的な生徒指導課題に学校現場とともに向き合い、その解決・予防に努めてきた。また、京都市独自の学級分析シートの作成にも携わった。さらに2年間は管理職として学校経営に携わり、多面的にその学校の改善に力を注いだ。現在は京都市総合教育センター主任指導主事として、情熱と感性と知見を併せ持つ教員の育成に取り組んでいる。本研究科では、研究者教員の理論知と実務家教員の実践知を融合できるという強みを活かし、多様な教育課題に対応できる人材の育成に力を注いでいる。

  • 角田 豊

    かくた ゆたか

    京都産業大学・教授
    副研究科長

    臨床心理学専攻。「共感」をテーマに、カウンセリングや心理療法といった臨床場面における共感研究 と、人格特性としての共感性の調査研究を行っている。コフートから始まる精神分析的な自己心理学の観点を基本に据え、自己体験の発達過程の検討や共感的理解の明細化に関心をもっている。教師と児童生徒間の相互交流・かかわり合い・関係性をキーワードに、学校現場で何が生じ、教師や子どもにとってそうした関係体験がどのような意味を持つのかについて研究している。また、スクールカウンセラーの経験や学校教師らとの共同研究から、チーム支援の基礎になるケース会議のあり方についても長く研究活動を行ってきた。その他には、箱庭療法を用いた教師の自己理解のための体験学習や、少年院などにおける非行臨床についても関心を持ってきている。
    主な著書として『共感体験とカウンセリング』(福村出版)、『カウンセラーから見た教師の仕事・学校の機能』(培風館)、編者として『生徒指導教育相談-父性・母性の両面を生かす生徒指導力』(創元社)、共著書として『ポスト・コフートの精神分析システム理論―現代自己心理学から心理療法の実践的完成を学ぶ―』(誠信書房)がある。また共訳書に『臨床的共感の実際(バーガー著)』(人文書院)、『自己心理学入門(ウルフ著)』(金剛出版)、『自己心理学の臨床と技法(リヒテンバーグ他著)』(金剛出版)がある。

  • 片山 紀子

    かたやま のりこ

    京都教育大学・教授

    教室における規律形成のあり方や方法、それに付随する学級経営の方法、学校としての生徒指導体制を研究テーマとしている。専門は、アメリカの生徒懲戒制度で、体罰や停学・退学および生徒懲戒リスク等についての研究をこれまで行ってきた。現在は、どのように生徒指導で21世紀型能力を育むのかについて研究を行っている。
    著書に『新訂版 入門生徒指導』(学事出版、単著)、『アメリカ合衆国における学校体罰の研究‐懲戒制度と規律に関する歴史的・実証的検証‐』(風間書房、単著)、『学校経営』(学文社、共著)、『学校がみえる教職論』(大学教育出版、共著)、『教育のための法学』(ミネルヴァ書房、共著)がある。

  • 河村 豊和

    かわむら とよかず

    京都教育大学・教授

    京都府公立中学校の教員として38年間、その内12年間を管理職として勤務。校長、教頭として8年間勤務した他、市町村派遣社会教育主事、京都府総合教育センター研究主事、京都府山城教育局人事主事、京田辺市教育委員会教育指導監として学校現場と教育行政の多様な経験をする中で、公教育を担う学校及び教員が果たすべき役割や使命、児童生徒や保護者、地域社会の信頼を高める学校経営や人材育成、教育活動の展開等について考えを深めることができた。急激に変化する社会の中で、将来への確かな見通しを持って教育課題に的確に対応し、21世紀を心豊かにたくましく生き抜く児童生徒を育成するために必要な、高度な専門性と豊かな人間性に裏付けられた実践的指導力を高めるための研究・指導に当たる。

  • 小松 貴弘

    こまつ たかひろ

    京都教育大学・教授
    生徒指導力高度化コース主任

    専門領域は、臨床心理学および精神分析的心理療法。研究においては、さまざまな不適応の問題をナルシシズム(自己愛)の問題という文脈で捉えることを試みながら、心理療法、カウンセリング、そして日常的な対人関係において、どのような関係のあり方が問題への援助になるのかを探究している。授業においては、問題をアセスメントし適切な援助関係を育む基礎的な力の養成を目標とする。

  • 服部 康子

    はっとり やすこ

    京都教育大学・准教授
    京都府教育委員会

    京都府教育委員会より派遣。現在京都府総合教育センターに勤務。主任研究主事兼指導主事として、不登校等の児童生徒及び保護者との相談、教育相談についての研修講座などを担当する。授業では小学校での勤務経験も生かしながら、現代の子どもたちの心の理解の深化を図り、教員に求められる実践的指導力の育成に努める。

  • 初田 幸隆

    はつだ ゆきたか

    京都教育大学・教授

    中学校現場や教育委員会での経験を踏まえて、施設一体型の新設小中一貫教育校づくりにおいて、「社会の規範に照らした教育」「夢や志を育む教育」「21世紀型の学力を創造する教育」等の観点から学校経営に取り組んできた。
    これからの激動の社会を生き抜く子どもたちを前に、自らの「何をなすべきか」という問いに対して、生涯学び続け、自らの実践を理論とつなぎながら、さらに高まろうとする熱意溢れる人間教師の育成をめざす。
    主な著書に「小中一貫校をつくる」(宮帯出版社2017)「バランスのとれた学力観の共有」(共著:明治図書「学校マネジメント」2008)、「『保護者のクレーム』対処法」「保護者対応と関係づくり」(共著:教育開発研究所「教職研修」2005,2007)、「京都市における生き方探究学習の実践」「キャリア教育の現状と課題」(共著:日本教育新聞社2007,2008)等がある。

  • 原 清治

    はら きよはる

    佛教大学・教授

    専門は教育社会学、学校臨床教育学、教員養成。
    学校で起こるさまざまな問題の背景となる要因や、そのメカニズムについて研究している。最近のテーマとしては、主として、①学校文化が学力とどのように関連するかや、個人の学力がどのような要因で上昇・下降するのかといった「学力移動」の研究。②いじめや「いじり」といった人間関係に起因する学校病理、とりわけ、携帯電話を使ったネットいじめの研究をデータに基づいた分析を中心に進めている。
    近書に、『学修支援と高等教育の質保障Ⅰ』(2015年、学文社)、「学力低下論とはなんだったのか」『月刊高校教育第48巻6号』(2015年5月、学事出版)、「高校階層とネットいじめの実態に関する実証的研究」『佛教大学教育学部学会紀要第14号』(2015年3月)などがある。

  • 平山 孝次

    ひらやま こうじ

    京都教育大学・准教授
    京都府教育委員会

    京都府教育委員会より派遣。京都府内小学校教員として15年間指導にあたる。学級担任、少人数指導加配教員、研究主任として、生徒指導の機能を生かした教科指導や総合的な学習の時間の授業構想等の研究に取り組んできた。また、教務主任として、初任者や若手教員の指導に携わった。
     現在は京都府総合教育センター主任研究主事兼指導主事として、初任者の教科教育講座や生徒指導やキャリア教育の講座を担当する。さらに、算数科担当として、算数科の研究を行っている京都府内小学校の校内研究会や支部の教育研究会に対して支援をするとともに、小学校現場をフィールドにして「アクティブ・ラーニング」の視点を入れた授業を支える学級経営の在り方について、算数科授業を事例にして研究を進めている。

  • 古市 文章

    ふるいち ふみあき

    佛教大学・教授

    教職経験や教育行政の両面に携わった経験を生かして「教員養成」を中心に、キャリア教育を研究していきたいと考えている。知識基盤社会の到来により、教師にはこれまでよりも高度な教育内容と教職専門の知識・技能が求められている。教員の養成、採用、研修というそれぞれのフェーズで求められる専門性や資質について研究を深めたいと考えている。
     特に、教員養成については「教員育成協議会」が設置されるなど、養成の分野においても大きな変化が訪れようとしている。これからの日本の教育を担う学生が「専門職教師」として巣立ってもらえるように支援していく。

  • 保田 直美

    やすだ なおみ

    佛教大学・准教授

    教育社会学を専門としている。これまでは、スクールカウンセラーなど教師以外の専門職や、専門職がもたらす専門的な知識・技術が、学校で実際にどのような形で受け入れられているのかを、科学社会学や専門職論の知見を援用しつつ研究してきた。現在は、2つの方向から研究を進めている。1つは、「チームとしての学校」というキーワードにも表されているような、学校における多職種協働の流れのなかで、教師の役割がどのように変化しつつあるのかについての研究である。もう1つは、学校で生徒指導領域に関して、どのような専門知識・技術が、どのような形で定着していくかを考察する研究である。具体的には、学級活動の領域で使用される技術や、学校における発達障害概念の再構成などに現在は注目している。
     近著に「新しい専門職の配置と教師役割」(『教育学研究』第81巻第1号)、「小学校の学級活動で用いられる技術の変遷―学校は心理学的な技術をどのように受容するか―」(『佛教大学教育学部学会紀要』第15号)などがある。

院生(2年次生) 浅野 賢人

生徒指導力高度化コースでは、現代の子どもが直面する課題に対して理論的に学ぶとともに、授業でロールプレイやカウンセリングを模擬的に経験したり、事例研究から院生同士が意見交流をしたりすることで、理論と実践の両面から学びを深めています。
 学校現場等で子どもたちとかかわり理解していく際に、本コースでの学びは欠かせないものだと感じています。また、様々な知識をもつ他の院生と日常的に意見を交わし合うことで、授業外においても深い学びを得られています。
 この恵まれた環境は、教育現場に出る私たちにとって非常に有意義なものになっていると感じています。

第六期修了生 佐藤 愛
(兵庫県公立小学校勤務)

大学院時代、授業で理論を学び、専門実習を通して実践してきました。大学院に戻ると、先生や仲間と実践を振り返ることで考えを深めることができました。教員となった今、そのサイクルが止まることはありませんでした。私は、特別支援の校務分掌を持っていますが、研修会のときなどには大学院での資料をめくります。子どもの顔が浮かんだ上で、資料を見ると大学院時代とはまた違う視点で考えることができます。 様々な先生と共に、多面的に子どもをみることが、いずれは子どものために活かされていくことを実感しています。目の前の子どもと関わっていく中で、これからも試行錯誤を続けることになりそうです。

第五期修了生 清水 貴幸
(京都市公立中学校勤務)

私がこの大学院に進学した理由は、大学4年間の学びだけで、現場に通用するのかという不安からです。大学院では、講義や実習を通して、多くの経験と知識を身につけることができました。また、課題を解決するための方法を学んだことで、何事も考えて行動する習慣がつきました。そして私がこの大学院生活で一番の財産に思うことは、校種や教科が異なる院生や大学院の先生、また現場でお世話になった先生方などの人との出会いです。今後もこの繋がりを大切にし、教育に携わっていきたいです。

第四期修了生 杉村 若沙
(京都府公立中学校勤務)

私は現在、京都府立公立中学校で担任として勤務しています。日々の授業や学級経営、分掌の仕事、部活動指導など、多くの仕事に追われる毎日ですが、充実した毎日を過ごしています。

生徒指導力高度化コースでは、生徒を理解するための様々な「視点」を学べました。目の前の生徒を深く理解するために、発達障害や子どもの発達段階などの臨床心理学の視点などから、生徒の見えている姿だけではなく、見えない部分を見ようと心がけています。

そして、同じ目標をもった仲間や、現職の先生方とのグループワークで培ったチームワークを大切に、学び続ける人間教師を目指して頑張っています。

第四期修了生 岡本 明日翔
(京都市公立中学校勤務)

講義、専門実習、修了論文の作成に加えて、さまざまな人との出会いも私にとっての大きな財産です。その二年間の学びを通して、私なりの「先生像」をかたちづくることができました。今は、日々の経験がその「かたち」の中に詰まっていくような毎日です。「思っていたことと違う!」ということもありますが、そんなときにはかたちをつくりかえ、どんどんと中身のある先生になるために日々奮闘中です。

「授業で生徒指導をする」という基本を大切にすることで、修了のときに描いた「先生像」をよりよいものへと立体化していきます。

第三期修了生 池井戸 綾子
(京都市公立小学校勤務)

私は、現在京都市内の小学校で勤務しています。本研究科に入り、大学院で学ぶ理論、現場で学ぶ実践の融合で教職への理解が深まりました。現場では日々、様々な壁に直面しますが、教職専門実習で見たこと、感じたこと、体験したことが今の自身の実践に活きています。また、大学院2年間で学んできたことが自信につながり、これから先も学び続けるという姿勢を築くことができました。ゴールを決めず、新たな目標に向かい学び続ける人間教師を目指します!

トップ