特別支援教育臨床実践センター
特別支援教育臨床実践センター
センターについて
特別支援教育臨床実践センター
センター長より
特別支援教育臨床実践センター
組織・構成員
特別支援教育臨床実践センター
発達相談
特別支援教育臨床実践センター
公開講演会・研修会
特別支援教育臨床実践センター
刊行物
特別支援教育臨床実践センター
リンク集

発達相談

京都教育大学特別支援教育臨床実践センターでは、障がいのある子どもや発達の遅れのある子どもの発達・教育相談を行い、発達像及び障がい像を明らかにして、養育/教育のための手がかりを得たいと考えています。どうぞお気軽にご連絡ください。

相談内容

発達に関する相談

言語、運動、手遊び、身体の成長など

行動/性格に関する相談

こだわり(固執)、不安、緊張、注意散漫、多動、神経質、自傷、他害(他傷)など

養育/保育/教育に関する相談

生活リズム、集団行動、学習困難、対人関係、家庭と関係機関との連携、地域生活など

医療に関する相談

発育、食事や排泄など医療相談一般

相談申し込み方法

予約制となっておりますので、あらかじめ電話でお申し込みください。

電話番号

075-644-8354

電話受付日時

月~金曜日 午前10時~午後3時 (※祝祭日、8/10~8/20、12/28~1/3は除く)

面接日時の決定

お申し込み後、改めて担当者から連絡いたします。

相談料

当面の間、無料です。

相談のながれ

相談受付

電話申込 本人/家族 ※教育・福祉関係者のコンサルテーションもいたします。

担当者決定

受理会議で担当者を決定し、その後相談を申し込まれた方に連絡

受理面接

問題の概要を理解するための面接/行動観察/心理テスト

継続面接

継続的な相談


相談内容については、秘密を厳守いたします。当センターでは、本学障害児教育専攻の大学院生が継続面接を担当させていただく場合や、特別支援教育特別専攻科の学生及び発達障害教育専攻の学部学生が観察させていただく場合があります。特別支援教育臨床実践センター担当教員が責任をもって指導いたしますので、ご了承ください。


発達相談のご案内のリーフレットはこちら