学校紹介

伝統と自然にあふれた京都の小学校

教育方針イメージ

本校は,酒づくりや豊臣秀吉の伏見城で名を知られている京都市伏見区の桃山にあります。この辺りは伏見城の城下町だったところで,地名にはその名残りがあり,校舎の屋上からは伏見桃山城が望め,少し歩くと,桓武天皇陵・明治天皇陵などもあります。 また,目と鼻の先に,近鉄電車と京阪電車の「丹波橋駅」があり,国道1号線や国道24号線も学校のすぐ近くを通っています。このように本校は,歴史や自然そして交通に恵まれた場所に位置しています。

教育目標

自ら自分たちの生活を切り拓いていく「自立の力」と、
互いを尊重し合いながらともに生きていく「共生の力」を育む

【めざす子ども像】
自分の考えをしっかりと持ち、共に学び合う子ども

沿革概要

◆1908年(明治41)4月
京都府女子師範学校が京都市吉田町の仮校舎に設けられ,同時に京都市第一高等小学校の一部と京都市第二錦林尋常小学校の全部とをもって,代用附属小学校発足

◆1936年(昭和11)1月
 現在の所在地(京都市伏見区丹波橋)に校舎を移転

◆1949年(昭和24)6月
 校名を「京都学芸大学附属桃山小学校」と改称

◆1972年(昭和47)9月
 校名を「京都教育大学教育学部附属桃山小学校」と改称

◆2004年(平成16)4月
 国立大学法人化に伴い,校名を「京都教育大学附属桃山小学校」と改称