教職キャリア高度化センター
教職キャリア高度化センター
先生を "究める" Web 講義
教職キャリア高度化センター
学校ボランティア
教職キャリア高度化センター
スポーツ指導者養成事業
教職キャリア高度化センター
京のせんせい学びサークル
教職キャリア高度化センター
メンターシップ育成事業
教職キャリア高度化センター
学び続ける教員へのメッセージ(講演会等)
教職キャリア高度化センター
京都府・京都市との連携講座
教職キャリア高度化センター
京都府・京都市との連携事業

学校ボランティア

令和3年度学校ボランティア説明会の開催について

 令和3年度新入生を対象に次の日程で説明会を開催します。

 説明会の内容は同一ですので、都合の良い日程の説明会にご参加ください。

  第1回説明会 令和3年4月16日(金)16:20~ F26講義室

        →令和3年5月7日(金) 16:20~ F26講義室 に延期となります

        →令和3年6月7日(月) 16:20~ F26講義室 に再延期となります

        →令和3年7月5日(月) 16:20~ F26講義室 に再延期となります

        →令和3年7月19日(月) 16:20~ F26講義室 に再延期となります

         (内容は同一です)

  第2回説明会 令和3年4月23日(金)16:20~ F26講義室

 新2回生以上の方の参加も歓迎します。

学校ボランティア活動中(活動予定)の皆さんへ


 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため,学校ボランティア活動を行っている(予定している)皆さんには、日常的な感染防止を強く意識した行動をお願いします。

1.毎朝、必ず健康チェックを行い、健康チェックシート(PDF)検温結果などを記録し日常の健康状況の把握に努めてください。

2.マスクを着用するなどの咳エチケットや、頻繁な手洗いを心がけてください。

3.3密(密閉空間、密集場所、密接場面)を避けてください。

4.発熱(37.5℃以上)・せき・のどの痛み・鼻水、鼻づまり、息苦しさ、胸の苦しさ、全身倦怠感、味覚・嗅覚異常などがある場合は、ボランティア活動先へは行かず、必ず活動先とボランティアオフィスへ連絡を行ない、速やかに医療機関を受診し、自宅休養してください。

5.本学の学生や教職員に罹患者が認められた等の理由により全学休講となった場合は、活動先へ連絡し、大学が全学休講となった旨を伝え、全学休講期間中におけるボランティア活動を自粛してください。ただし、活動先の意向により活動を継続することとなった場合は、速やかにボランティアオフィスへその旨を報告してください。

ボランティアオフィスからのお願い

 新型コロナ感染症拡大防止のため、オフィスでの事務対応を次のとおりとさせていただきます。ご不便をおかけしますが、ご協力をお願いします。

発熱や咳など、かぜの症状がある方は、オフィスへの来室を見合わせてください。
オフィスへ入室する際は、マスクの着用と手指消毒をお願いします。
オフィス内の「密集」を避けるため、事務室員以外で同時に入室できる人数を2名までとさせていただきます。

 授業間の休憩時間や昼休み時間は込み合います。これらの時間はできる限り避けてください。

 オフィスの業務曜日・時間帯 月・火・水・金:10:30~13:30、木:10:30~14:30(祝日を除く。)

オフィス内の「密集」を避けるため、ボランティア募集チラシの受け取りは機構棟玄関ホールに配置しているパンフレットラックから各自でお持ち帰りください。

 学校・園、教育委員会や諸団体が募集するものについては、各府県市町村の教育委員会のホームページから閲覧することもできます。

オフィス内の「密集」を避けるため、ボランティア登録票や活動報告書などの提出は、機構棟玄関ホールの提出用ボックスへ投函してください。

 メールでの提出も可能です。送り先メールアドレスは、sien@kyokyo-u.ac.jp です。

 〇 ボランティア登録票はここからダウンロードできます。

   学部1回生の方はコチラ(Word) 

   学部1回生以外の方はコチラ(Excel)

   

ボランティア新着情報

新たなお知らせはありません。

スクールボランティア活動とは?

 公立学校園の「教育現場」でのボランティア活動に参加してみませんか。現場を体験し、子どもたちや先生、地域の人たちと接することは、将来教員を目指す皆さんにとって、貴重な経験となります。また教育実習などとは違う立場で教育現場と関われるので、余裕をもって子どもたちと接することができます。スクールボランティア活動での経験は教員採用前はもちろん、採用後の成長にも役立つことでしょう。

 学校・園における教育活動のほか、教育委員会が実施する事業などへの活動もご紹介しています。

ボランティア活動内容

学校・園での活動(教育現場の補助)

①担任の補助、学校行事、部活動の補助
②放課後の学習相談、自由遊び
③週末(土日)などの学校における遊び(所定の学校にて活動中...ありんこクラブ、てんとうむしクラブ)
④各教科の指導(個別、ティーム・ティーチング等)の補助
⑤特別な教育的支援の必要な児童、生徒への支援
⑥障害のある児童、生徒への学習・学校生活への支援
⑦外国人児童、生徒の学校生活における相談、コミュニケーション支援
⑧小中学生の、本学への見学時における案内サポート
⑨その他、校園長が必要と認める活動

教育委員会などが実施する事業への支援

①京都府内、他府県での、学習施設における指導の補助など
②野外活動などの支援、補助

登 録

 スクールボランティアとして活動するには、新規・継続に関わらず年度毎に、活動の申し込みをする前に必ずボランティア登録票をボランティアオフィスへ提出してください。

 ボランティア登録票はここからダウンロードできます。

  学部1回生の方はコチラ(Word) 

  学部1回生以外の方はコチラ(Excel)

募 集

 募集は大別すると ①学校・園が募集するもの、②教育委員会や諸団体が募集するもの、③ボランティアオフィスを通じて募集するもの があります。

  ①と②は各府県市町村の教育委員会のホームページをご覧ください。

  ③はボランティアオフィスにチラシを掲示しています。

 また、急募の活動は、ボランティアオフィスホームページに掲示し、ボランティアオフィス前や図書館西横の掲示板にも掲示します。

活動の手引き・進め方

 活動の申し込み手続きは各府県市町村によって異なりますので、まずはボランティアオフィスへご相談ください。

受け入れ決定通知書と活動報告書等の提出

 活動開始日までに「受け入れ決定通知書」を、活動終了後に「活動報告書」を各活動先から受け取り、すみやかにボランティアオフィスへ提出してください。

活動の停止など

 ボランティア活動先の学校・園の教育方針や校園長の指示に反する行為があったとき、活動を停止することがあります。

 なお、やむを得ない理由で続けられなくなった場合は、必ずすみやかにボランティアオフィスへ相談、報告してください。

担当窓口と業務

①手続きや事務に関する相談や支援の窓口

・丸山 教職キャリア高度化センター ボランティアオフィス(センター機構棟1階) 電話644-8336(開設時間帯のみ)

  E-mail : sien◎kyokyo-u.ac.jp  (◎を@に変更してください。)

 開設曜日・時間帯 月・火・水・金: 10:30~13:30、木:10:30~14:30(祝日を除く。)


②活動内容や方法等に関する相談や支援の窓口

・市田 克利 教授 教職キャリア高度化センター    tel 644-8806

・福間  拓 准教授(京都市担当) 教職キャリア高度化センター tel 644-8214

・椙山 直美 准教授(京都府担当) 教職キャリア高度化センター tel 644-8216