教職キャリア高度化センター
教職キャリア高度化センター
先生を "究める" Web 講義
教職キャリア高度化センター
学校ボランティア
教職キャリア高度化センター
スポーツ指導者養成事業
教職キャリア高度化センター
京のせんせい学びサークル
教職キャリア高度化センター
メンターシップ育成事業
教職キャリア高度化センター
学び続ける教員へのメッセージ(講演会等)
教職キャリア高度化センター
京都府・京都市との連携講座
教職キャリア高度化センター
京都府・京都市との連携事業

指導教員

福田 晴也 先生

fukuda_t-thumb-293x390-3939.png経歴

元京都府立高等学校教諭(保健体育)

主な部活動指導歴:陸上競技

先生から

 京都府立高等学校の教員として、陸上競技部の顧問として38年間勤務しておりました。
 このたび、杉岡先生から引き継ぐことになりましたのでよろしくお願いします。
 実技の指導においては「百聞は一見にしかず」をモットーにしておりました。若い指導者は生徒に師範できるように努力しましょう。自分が最終的にできなくても、その努力の過程は指導に活かせると思います。
 陸上競技では競技に関心をもって入部してきた子を心身ともに伸ばしてやりたいとの思いで指導してきました。答えはありませんが、工夫と模索あるのみと思っています。
 昨今、教員の働き方改革のあおりで、公立学校の部活動の時間が制約を受けるようになってきました。中学では週2日、高校では週1日の休部が進んでいます。今後、学校外でのクラブ活動が一層重要視されるようになります。

和田 英明 先生

DSC03041 (和田先生HP掲載用).jpg経歴

元京都市立小学校 校長
元京都市教育委員会体育健康教育室指導主事(学校体育担当)
元京都市小学校体育研究会 会長

先生から

 運動が大好きで得意な子どもと,運動から遠ざかりがちで苦手意識の強い子どもが,学び合い,励ましあって,ともに運動の楽しさを追求していくような体育科の学習や運動部活動が求められています。
 スポーツや運動の場が,得意な子どもに独占されてはいけません。しかし,得意な子どもも自分の良さをセーブするのではなく,どんどん伸ばしてほしいのです。
 そのような素敵な体育科の学習や運動部活動の場を探ってきました。これから教師を目指す皆さんとともにそのようなスポーツの場を探っていけることは,この上もない喜びです。
 小学校学習指導要領で体育科の目標は「生涯にわたって心身の健康を保持増進し豊かなスポーツライフを実現するための資質・能力を...育成する」ことであると記載されています。これから皆さんが関わる子ども達が,どの子も運動の楽しさに触れ,生涯にわたって豊かなスポーツライフを実現していくよう夢見て,一緒に学んでいきましょう。

杉山 雅紀 先生

経歴杉山先生.JPG

元京都府立高校教諭・副校長
元京都府教育委員会保健体育課指導主事・総括指導主事・参事
元京都府立体育館スポーツ振興課長
元洛和会京都厚生学校長
元府立高校初任者研修指導教員
現京都教育大女子バスケットボール部コーチ

先生から

 スポーツ指導者養成事業プログラムにおいて指導実習やインターンシップを行う「KYO2」クラブに参加する小学生は、主体的に学校という既存の枠から離れてそれぞれが目的(純粋にスポーツ活動が好きだけでなくクラスになじめないなど)を持って、かつお金を払って来てくれています。ということは、おのずと私たちが経験した学校体育・運動部活動の延長の指導では限界があり、スポーツ活動の可能性を広げる発想や指導の工夫が必要になってきます。

 「KYO2」クラブの目的の一つは「一人ひとりにスポーツの持つ特性にふれさせ、楽しさを味わわせ、生涯を通じて様々な形でスポーツに関わる力(人生を豊かにする力)をつける基礎を培う。」ことなのですが、そのアプローチは簡単ではありません。好き嫌いや得意・不得意がなかった幼い頃の原点に戻り「慣れる」⇒「楽しむ」⇒「出来る」過程を大切に、遊び感覚からシュートなどの動きづくりやチームプレイの基本を指導したいと考えています。

 また、この時期は活動欲求や好奇心が強く次第に挑戦する気持ちも現れてくるので、それらを大切にしながらタイミングをとらえ指導することも重要です。しかし集中力を持続するのは短く単純な反復練習には飽きてしまいケガなどの危険性も増してきます。

 これらのことに留意しながら、ともに楽しみながら学んでいきたいと考えています。

石井一治 先生

石井T.jpg経歴

元大阪私立中学校・高等学校教諭(保健体育)
元京都市立中学校・京都府立高等学校講師(保健体育)
主な部活動指導歴:サッカー

先生から

 京都の府立高校、市立中学校から始まり、主に大阪の私立中・高等学校で保健体育の教科指導と、サッカー部の指導におよそ40年間取り組んできました。このたび、北川先生から引き継ぎ担当することになりました、どうぞよろしくお願いいたします。

 スポーツ指導に関わる者の重要な要素の一つに『ことば』があります。スポーツが得意でない人も「スポーツをしてみよう」と感じるには『ことば』は大切です。

 たとえば、笑われるから嫌・怒られるから嫌➡笑わないで欲しい・怒らないで欲しい➡どうして欲しい?➡褒めて欲しい?励まして欲しい?教えて欲しい?➡どんな『ことば』で?というようにつなげていくと、さらに、他の『ことば』で‥もっと別の言い方が‥こんなんどうやろ‥と続いていく。そのような取り組みが出来ればきっと、スポーツが得意な人であれ、得意でない人であれ、体育の授業が楽しく豊かになるはずです。

 体育の日がスポーツの日へ、国民体育大会が国民スポーツ大会へと変わっていく時代に、自分自身の身体を動かしながら、その『ことば』を探してみませんか?