榊原 典子(家庭科教育・教授)

自己紹介・メッセージ

家庭科に関する専門分野と学校教育の家庭科をつなぐ「家庭科教育」を担当しています。
家庭科は子どもたちの生活やこれからの人生を豊かに支えていくために大切な教科です。子どもたちの人間形成にかかわり生活の価値観を育てていくこの教科の重要性を認識するとともに、生活の多様な現象に興味を持ち、生活に関する豊かな知識と技術を身につけて、家庭科が好きな子どもたちをともに育てていきましょう。

現在の研究テーマ

  1. 家庭科の授業研究
    小・中・高家庭科の授業で、児童・生徒と教師と教材が相互にどのように関連し合って、教育効果を上げていくことができるのかということについて実践的研究を行っています。

  2. 家庭科の教材開発
    小・中・高の家庭科で使える新しい教材開発を、研究室所属の学生達とともに行っています。作成した教材の一部は、教材開発授業のたねのページで公開しています。

  3. 環境教育に関する研究
    環境教育の中でも、生活環境や住居環境における課題に焦点をあてて、ライフスタイルの確立や転換を目指す教育について追究しています。

研究業績

著書・論文や学会発表の一覧については京都教育大学の研究者総覧をご覧ください。

主な担当授業

  1. 学 部
  2. 初等家庭科教育、初等教科教育実践論(共担)、中等家庭科教育I、中等家庭科教育III、中等家庭科教育IV、家庭科教育演習I、家庭科教育演習II ほか 
  3. 大学院
  4. 家庭科教育特論II、家庭科教育特別演習II、家庭科教育実践特別演習II(共担)

シラバスは、京都教育大学のシラバス検索ページから検索可能です。

卒業論文・修士論文指導題目

卒業論文

  • 将来の家庭生活に関わる姿勢の形成に関する一考察 -お手伝い経験と家庭科学習の分析から-(2016)
  • 教員養成課程の大学生にみる調理実習の指導力に関する研究 -知識と調理技術からみる課題-(2015)
  • 中・高家庭科教員免許取得を希望する男子学生の実態と意識(2014)
  • 小学校家庭科の衣生活における評価についての研究(2014)
  • 小学校家庭科の教科書における「家族」の扱いについて(2013)
  • 家庭に関する学科の意義についての一考察 ~京都府立高等学校と兵庫県立高等学校の場合~(2013)
  • 調理における「頃合」を小学校家庭科で習得させるための指導法の検討(2013)
  • 小学校家庭科における絵本教材の活用(2012)
  • 小学校家庭科におけるデジタル教材の制作と授業実践(2012)

修士論文

  • 家庭科の授業づくりに着目した研修の在り方に関する考察(2015)

連絡先・リンク

作成教材

榊原研究室 教材開発
(http://kasei.kyokyo-u.ac.jp/sakakibara/kyozai/index.html)
授業のたね」収録
(http://kyoushien.kyokyo-u.ac.jp/katei.htm)

連絡先

研究室へ御用の方は、メールでご連絡下さい。
e-mail:sakaki(at)kyokyo-u.ac.jp
※(at)は@に置き換えてください。