井上 えり子(家庭科教育・教授)

自己紹介・メッセージ

講義やゼミでは、家事労働や家族関係に関する諸問題を様々な視点から検討します。

自分の生活を見直し、自分と周りの人々そして社会にとってよりよい暮らしのあり方を共に考えていきましょう。

現在の研究テーマ

  1. 家庭科教育の歴史的研究
    戦前の家事科教員検定試験研究、戦後の京都府の高校男女共修家庭科運動史研究
  2. 家庭科の教材研究
    ジェンダーと女性のエンパワーメントに関する研究

研究業績

共著 日本家庭科教育学会編『生きる力をそなえた子どもたちーそれは家庭科教育から』学文社 2013年

共著(社)日本家政学会生活経営部会編『暮らしをつくりかえる生活経営力』朝倉書店 2010年

単著 『「文検家事科」の研究―文部省教員検定試験家事科合格者のライフヒストリー』学文社 2009年

共著 日本家庭科教育学会編『生活をつくる家庭科』第1巻 ドメス出版 2007年

著書・論文や学会発表の一覧については京都教育大学の研究者総覧をご覧ください。

主な担当授業

学 部

初等家庭科教育 、中等家庭科教育Ⅱ

大学院

家庭科教育特論Ⅰ、家庭科教育特別演習Ⅰ、家庭科教育実践特別演習Ⅰ

授業でこころがけていること・授業の特色

講義だけでなく発表・討論・模擬授業・実習など受講生が主体的に学ぶ授業を行っています。

シラバスは、京都教育大学のシラバス検索ページから検索可能です。

卒業論文・修士論文指導題目

 卒論テーマは、研究室の取り組んでいる研究テーマから選ぶか、各自の興味から選ぶか、二つの方法があります。いずれの場合も文献調査やインタビュー調査、アンケート調査など複数の調査を行い、結果を考察していきます。修士論文のテーマは主として家庭科の歴史的研究を行なっています。

卒業論文(2012年度以降)

2012年度

京都府立高校男女共修家庭科に関する歴史的考察 -田中任代1970年代実践を中心に-

京都府立高校男女共修家庭科に関する研究 -森幸枝1974年実践を中心に-

2013年度

日本人学校の家庭科教育の検討−マレーシア ペナン日本人学校を対象として−

2014年度

「女子力」に関する研究−ジェンダー意識を中心に−

京都府立男女共修家庭科における保育学習−斎藤公子実践を中心に−

2015年度

家庭科におけるデートDVに焦点をあてた授業実践の研究

高齢者福祉に関する授業研究

2016年度

家庭科がめざす生活についての研究−羽仁もと子の思想と友の会の活動から−

中国の食教育について−メディアに注目して

修士論文(2008年度以降)

2008年度

小学校被服製作実習に関する研究

2009年度

京都府立高校の男女共修家庭科に関する研究

2013年度

京都府立高等学校男女共修家庭科実践史研究

2014年度

京都府立高等学校男女共修家庭科実践史研究−到達目標を中心に−

連絡先

e-mail:eriko(at)kyokyo-u.ac.jp
※(at)は@に置き換えてください。

授業では、おすすめの本を随時紹介しています。