運動会

今年は台風の影響で延期になりましたが、台風一過で快晴の下、運動会を開催しました。延期になったにも関わらず、大勢の保護者の方にお越しいただきました。練習の成果を発揮し、グランドで「力いっぱい・笑顔いっぱい」競技に参加する姿が見られました。                                                     

入場行進

 毎年恒例の入場行進!高等部3年の生徒が、校旗を先頭に優勝旗・準優勝トロフィー・掲揚旗・赤白の旗を持って行進し、その後ろに赤組・白組の順に並んで全校生徒が続きます。9月は雨の日が多く十分な練習時間をとれませんでしたが、上級生が下級生と手を繋ぎ並みを合わせて元気に行進することができました。




50m100m

小学部の児童は50m走、中高の生徒は100m走を行いました。「位置について、よーいドン!」の合図で元気に走り出します。みんなの声援を受けて笑顔で走ったり、1位を目指して全力で走ったりする姿が見られました。



障害物走

 小学部(ぼうけんにしゅっぱーつ!)では、輪を跨いだりくぐったりする 梯子を登り滑り台を降りる 跳び箱を跳ぶ メダルをジャンプして取る 4つのコーナーを走ります。それぞれ、好きなコーナー・得意なコーナーがあり、みんなの声援・拍手にこたえてゴールしていました。

 中高等部の生徒は、(とんで くぐって)の競技をしました。3~4人ずつで走ります。走ることが得意な生徒でも、ゴムを跳ぶ・網をくぐる・ラケットにボールを載せて運ぶ・ざるにボールを載せて引っ張って運び箱に入れる中で、ハプニング(思うようにいかない)がおこり、順位が予想できにくい競技です。どの生徒も真剣な表情でゴールを目指し走りました。

みんなでパズル

 全校が赤白に分かれて行う競技です。高等部の生徒がリーダーとなり、小中学部の仲間に声をかけ、力を合わせて取り組みました。特に「みんなでパズル」では、体の大きな高等部の生徒が小さな小学部の児童の歩幅・走る速度に合わせて、みこしに載せたパズルを運んで組み立てます。相手に合わせて競技をする生徒の姿は素敵でした。




 

 

綱引き
気持ちを合わせて、力一杯頑張りました。
保護者対抗の綱引きも行いました。

 

 


みんなでダンス
保護者の方も一緒に楽しみました。
 

中高男子・女子競技

 二人一組で、息を合わせてボールを蹴り・運び、どんどんリレーしていく競技です。ボールの形状・リレーの仕方は男女で違いますが、お互い1位を目指し白熱しました。
 


 

 

 

赤白対抗リレー

 小学部3組(5・6年生)と中高等部の各学年4名ずつ代表が選出され、赤白対抗リレーを行いました。低学年から次々にバトンが繋がれ、最終走者は高等部3組の生徒です。勝ち負けで一喜一憂するだけでなく、最後まで諦めずに走るリレー選手に声援を送る、心温まるシーンもありました。




 

 お知らせ 

10月の びわの実会サークル活動 ありません

Link 
  京都教育大学
 京都教育大学 発達障害学科 
 
 京都教育大学 特別支援教育臨床実践センター