11月・12月
の学校生活
冬に向かって、寒さが増してゆく季節。
寒さを感じ、寒さを楽しむことも大切です。
氷の上を滑って体いっぱいでスケートを楽しんだり
比叡山を歩いて山の色を感じたり
京都の街を知ったり
校外にどんどん出ていきます。
終業式前には、恒例の門松づくりをして
正月を迎えます 
 小学部

11月12月は、スケート(アクアリーナ)、プール(障害者スポーツセンター)、歌とおはなしの会(京都教育大学)とみんなで校外に出かけました。歌とおはなしの会では、幼児教育学科の学生さんによる人形劇『てぶくろ』を鑑賞。大学図書館にも寄りました。校内では、高等部のお兄さんお姉さんが餅つき大会に向けて育てた稲の脱穀にも参加しました。クリスマス会では、各組の作品発表やダンスをして楽しみ、校長先生によく似たサンタさんからプレゼントももらいました。

 
   
 
 
中学部  
 比叡山 あるけあるけ
今年も中学部全員で、修学院から雲母坂を上り、
滋賀県の日吉大社までがんばって歩きました
   
   
   
1年生・2年生 合同宿泊学習  
 

 
 
 布袋作り(3年生):着替えを入れる袋を作って
4月に入学してくる1年生にもプレゼントします。
 
  

      門松づくり
中学部みんなで 校門に飾る大きな門松を作りました。 
 
 
 
 
   
  
  ミニ門松も作りました
   
  高等部
  1年生 校外学習
八坂神社から円山公園を抜けて清水寺へ
舞台から見える秋の絶景に
感嘆の声を上げる生徒たち。
午後は、鉄道博物館へ。
人力トロッコ列車に乗ったり、マイクを持って車掌アナウンスをしたりして,
電車の世界を堪能しました。 
 
     
     
2年生は、平和ミュージアムから金閣寺を経て錦市場へ。
沖縄への修学旅行に向けた取組の一環で、平和ミュージアムでは京都での戦争についての話を
語り部から聴きました。錦市場では、京野菜やお正月の食材を売る店の見学をしました。 
 
楽焼き
大学の丹下先生にご指導いただいて、楽焼きをしました。
「卒業を祝う会でおぜんざいを作って器に入れて食べよう!」と器作りをしました。
汁が溢れない器を作ることに専念して、いろいろな形・色の器ができました。  
 
   

ページトップへ