京都教育大学附属特別支援学校トップページへ

センター的活動   
教育相談  公開講座
京都教育大学特別支援教育臨床実践センター
 との協働支援
 
地域連携
  ワークショップ
これは使える教材作り
   


教育相談
 
 お子さまの発達や行動面で気になることがありましたら、
 お気軽にご相談ください。

 連絡先
  京都教育大学附属特別支援学校
  075-641-3531
  教 頭   早川 透
  もどる



公開講座
ワークショップ「これは使える!教材作り」
   
 平成25年
 
「アート遊びワークショップ」と「ビー玉君の旅」の二つのワークショップをしました。
どちらもお互いの作品を見せ合ったり、互いのアイディアに驚いたり、情報を交換したりと、
和やかに賑やかに教材づくりをしました。お昼は毎年恒例の本校十八番の流しそうめん!
大勢での流しそうめんは一層おいしかったです。  
 
ビー玉君の小さい旅
 
ビー玉君の大きな旅
 
 
簡単版画
 
ぶんぶんゴマ
  
 平成26年 

報告
クリック
    ← 童謡を題材に
創作ダンス 
 
 ビー玉君の旅
第2弾  →
   ←竹を使って
手作り楽器を作ろう
 
 土版画→
     

  もどる
 
  小集団活動        
 【場所】   京都教育大学特別支援教育臨床実践センター
 【日:時間】 水曜日 16:00~17:00

発達障害の児童生徒を対象に小集団による活動を通して社会性の発達を目的として行う大学の臨床実習に、本校支援部の教員がスーパーバイザーとして参加しています。小集団活動とは、小さな集団の中で友だちと楽しく遊びながら、自分らしさを発揮し人とかかわる力を自然に育むことを目指して行う活動です。大学の教官、学生、本校教員が協働して、地域の発達障害の児童生徒を支える取り組みにもなっています。  
 

  もどる

 
地域連携  

~地域に暮らす人たちの交流センター的な役割を担う~
 
 かめっこひろば  
 健康すこやか学級 

 
【地域の子育て支援】
 藤城児童館と本校を会場に、子育てを支援するための様々な取り組みを行っています。本校では、豊かな自然環境をいかし、散歩・水遊び・おもちゃ遊びや畑で育てたじゃがいも・サツマイモ掘りを行っています。

【高齢者の方の支援】
 本校の特別教室棟を使い、健康チェックやレクレーション、お食事などお年寄りの仲間づくりや、寝たきり・認知症の予防を目的に実施しています。
 藤城学区の皆様 
 
   

  もどる