国際交流


オーストラリア・ベレア校との相互訪問交流


2012年8月7日 ベレア小学校の子どもたちと
 1999年より,本校は南オーストラリア州立ベレア小学校で協定を結び,児童と引率教員がおよそ10日間の日程で互いの学校を訪れる交流を行っています。相互訪問は隔年で行い,2016年度で9回ずつの交流を行ってきています。
  隔年で5・6年生(ベレア小の児童は6・7年生)の35人程度が親善大使として,学校訪問・ホストファミリーのホームステイを行い,授業交流や文化交流などを行っています。


 ベレア小学校(Belair Junior & Primary Scools)

 南オーストラリア州アデレード市郊外の広大な国立公園に隣接した素晴らしい自然環境の中に建つ,5歳から13歳までの500名ほどの児童が学ぶ公立小学校です。

 交流学習の目的

○ 桃山小学校,ベレア小学校双方の児童が交流することにより
  異文化理解や人間理解を深める。


○ 双方の児童が互いに異文化に触れることにより,自己表現力や
  コミュニケーション能力の必要性を実感し,その実践意欲を高め
  る。



交流のあしあと

第9回 ベレア校交流学習
(平成27年度)
第9回 ベレア校訪問学習
(平成28年度)
※準備中
第8回 ベレア校交流学習
(平成2
5年度)
第8回 ベレア校訪問学習
(平成2
6年度)
第7回 ベレア校交流学習
(平成2
3年度)
第7回 ベレア校訪問学習
(平成24年度)