つゆくさアルバム 2017

11月25日(土)
平成29年度教育研究発表会開催
〜全国より300名を超える参会者が来校!
「今後の授業に活かしたい!」「参加して良かった!」の声が多数寄せられました〜

 11月25日、「主体的・対話的な学びを通して『資質・能力』を育成する(2年次)」を研究テーマとして、教育研究発表会を開催しました。当日午前の全体会での基調提案の後、8教科の公開授業、午後は、8教科の研究協議会を開催し、最後に、全体講演会として、國學院大學教授の田村学先生より、「学習指導要領の改訂の方向性ー主体的・対話的で深い学びの実現に向けてー」と題して講演をいただきました。当日は本学関係者を含め、全国より、300名を超える教育関係者が参会しました。全体会の基調提案では、まず次期学習指導要領をふまえながら、指導と評価の一体化を目指したパフォーマンス課題とその評価のあり方について、本校の具体的な授業実践を通して明らかになった成果と今後の課題を整理して報告しました。研究協議会では、京都教育大学の共同研究者の先生方や多くの参会者から指導助言を得ることができ、また、田村学先生の講演会では、学習指導要領の改訂のポイントについて非常にわかりやすく整理されたお話があり、全体を通して、多くの参会者から、「今後の授業に生かして生きたい」「研究発表会に参加してよかった」との声が多数寄せられました。今後も本研究会で得た成果を生かし、かつ見えてきた課題の改善に向けて、より良い授業づくり、学校づくりに努めてまいります。