つゆくさアルバム 2017

7月6日(木)
幼稚園、小学校との交流学習を展開中!
〜幼小中連携教育における国語科、家庭科の実践〜

 家庭科では、「園児の生活の様子を知ろう(幼稚園見学)」というテーマで、本校2年生が隣接する附属幼稚園を訪問し、幼児の体の特徴や生活の様子、それらに応じた園内の施設などを、直接幼稚園児と接したり、幼稚園の先生方の指導の様子を学びながら、幼児に対する理解を深めました。2年生では、これらの見学で学んだ気づきをもとに、「社会的生活習慣」「着脱衣」「排泄」「食事」「睡眠」「清潔」などをテーマに、共同で「紙芝居」を作り、再度。それらを用いて園児たちに紙芝居を披露する予定です。中学2年生たちの園児を見つめる優しい眼差しや、自然と寄り添いながら、手をつないで導く姿がとても印象的で、中学生の成長があらためて感じられた交流学習となりました。

 国語科では、新聞を活用した学習として「写真に込められたメッセージを読み解こう!」というテーマで、本校3年生と小学5年生とが交流学習を行いました。藤井四段の29連勝という快挙を報じた3種類の新聞より、アングル等の違う計3枚の写真を取り上げて、それぞれの写真から「どんな様子の写真なのか」、「どんなメッセージが込められているのか」を、その伝わり方の違い等を中学3年生と共にペアで考えました。中学3年生からのアドバイスや説明を得ながら、5年生が言葉としてまとめ、全体の前で発表交流し、お互いの気づきを共有しました。中学3年生にとっても、事前に写真の意図を考え、5年生の思考の過程に寄り添い積極的に関わることを通して、報道写真に対する自身の認識をより客観的に深めていく学習となりました。

家庭科
国語科