京都教育大学附属桃山中学校
つゆくさアルバム 2016


10月18日(火)
本校生徒が「主権者学習」の一環として京都市議会を傍聴しました
〜総合的な学習(MET)「Hello Newspaperコース」の取組みとして〜
 10月18日にMET「Hello Newspaperコース」の生徒15名が、主権者学習の一環として京都市議会に見学しました。本会議場では決算特別委員会の総括質疑が行われており、一般の方と一緒に2階席から質疑応答の様子を傍聴しました。それぞれの会派の議員からの質問に、門川大作市長や市の幹部の方が返答されていました。私たちの市民の身近な生活を向上させるための貴重な質疑応答に、生徒は興味深く聞き入っていました。傍聴の後は市会のしくみや役割などについてDVDを見たり、担当の方から丁寧な説明を受けました。最後に市議会の建物の中を案内していただき、各党の控室やモニター視聴室など、廊下からその様子を拝見しました。また、中学生がこのように学校単位で市議会を傍聴するのは初めてということで、京都新聞、KBS京都、市議会の広報担当の方から取材を受けました。この様子は18日夕方のKBS京都テレビ、翌19日付けの京都新聞でも紹介されました。
.