京都教育大学附属桃山中学校


3月15日(火)
第68回卒業式を挙行しました
〜132名の皆さん!卒業おめでとう!未来に羽ばたけ!〜
 3月15日に第68回卒業式を挙行し、132名の卒業生の門出を祝いました。卒業生にとっては、中学校で生活する最後の日、また義務教育の締めくくりの日、新たな道に旅立つ日です。このハレの日を保護者の方々や来賓・大学関係の皆様方、在校生、教職員全員で祝いました。来賓の皆様からはなむけのご祝辞をいただき、本校校長からは、これまで学んできたことからいったん離れて客観的、批判的にとらえながらも、自分の生き方に生かしていって欲しい」とエールが送られました。在校生代表(現生徒会長)の送辞や卒業生代表(前生徒会長)の思いの詰まった答辞の後、卒業生の合唱「証(あかし)」、感謝のメッセージへと続き、会場全体が感動と祝福の気持ちで一杯になりました。本年度の卒業生を含め、本校の同窓生は8,426名となりました。
 附属桃山中学校は、これからも皆さんを応援していきます。いつでも皆さんの母校として校門を開けています。相談のある時、喜びを伝えたい時、ぜひ学校を訪れてください。
.