京都教育大学附属桃山中学校


3月11日(金)
全校生徒の「こころ」がつながった!生徒会主催「3年生を送る会」大成功!
 3月11月の3限・4限に、本校では初めての取組となる生徒会主催の「3年生を送る会」が開催されました。近年、卒業式予行の時間の一部を使って、卒業生と在校生が学年合唱を披露し合いながら、感謝の思いを伝えあう取組をしてきましたが、今年度、いよいよ生徒会がプログラム内容を企画し、2時間枠で全校生徒が体育館に集まって、手作りの心こもった本格的な「送る会」を作り上げました。
 卒業生の皆さん、在校生が贈った「こころ」を受けとめて、夢を持って大空高く羽ばたいてください。今、在校生は、先輩からのバトンをしっかり握りしめ、附属桃中の「こころ」を引き継ぎました。全校生徒の「こころ」がつながった、すばらしい「送る会」でした。
 当日のプログラムの概要を紹介します。
・(3年生入場 クラスごとにプラカード先頭で)
 @生徒会 オープニング企画「ブラックライトパフォーマンス」
 A附属桃山クイズ大会
 B懐かしい先生からの「思い出ビデオメッセージ」
 C1年生群読と合唱 学年合唱『未来へのメッセージ』
 D2年生群読と合唱 学年合唱『群青』
 E3年生からのお礼の言葉と学年合唱『僕が守る』
 F生徒会 エンディング企画 生徒会からの言葉
・(3年生退場 在校生で花道をつくって拍手で見送る)
.