京都教育大学附属桃山中学校


3月9日(水)
第2回桃山オープンセミナー開催 「メディアとのつき合い方−情報モラル−」
〜京都教育大学より副学長・教授 浅井和行 先生をお招きして〜
 3月9日、第2回桃山オープンセミナーとして、浅井和行先生(本学副学長・大学院連合教職実践研究科長、教授)をお招きして、「メディアとのつき合い方−情報モラル」と題して、講演をしていただきました。現在、スマホやICT機器などのメディアの発達や普及によって、日常生活や学校生活においても大変便利な世の中になっていますが、その「光」の反面、さまざまな人権侵害やトラブルの原因にもなっているのが現状です。今回は特に、その「影」の部分について、具体的な事例や映像を紹介しながら、どのようにメディアをとらえて判断するべきか、今後どのように向き合って取り扱っていくべきかを大変分かりやすくお話ししてくださいました。同時にだれもが「メディア」の送り手になれる現在、相手の気持ちを想像して、常に「人間としての生き方」としてメディアをとらえることの大切さを学ぶことができました。参加した1年生にとっても有意義な情報モラルの学習となりました。また、参加された保護者の皆様、ありがとうございました。
.