京都教育大学附属桃山中学校


1月28日(木)
1年生は留学生との交流会を行いました
 1月28日、1年生では京都教育大学で学ぶ8名の留学生(韓国2名、ロシア2名、中国2名、タイ1名、コロンビア1名とご家族3名、アメリカ1名)をお迎えして、各クラスごとに分かれて交流会を開催しました。体験混入中の帰国学級生徒が英語であいさつをしたあと、留学生の方からは、地図や写真、パワーポイントを使って出身国の文化紹介などをしていただきました。さすがは留学生で、日本語が堪能な方も多く、説明もわかりやすくコミュニケーションがとれて、生徒たちは十分に理解できていたようです。その後、生徒たちは班ごとに、日本の伝統文化から現代の流行しているものまで、また生活習慣や学校についての紹介などをポスターにまとめたものを使ったり、クイズ形式にしたりしながら工夫して説明していました。短い時間でしたが、双方向で交流できた有意義な国際交流の場となりました。
.