京都教育大学附属桃山中学校


12月4日(金)
〜イジメ・いやがらせNo! 意識だけではなく、行動へ!〜
人を大切にするための人権平和集会を開催
 12月4日、本校生徒会による「人権月間」の取り組みの一環として、「@人権週間にあたり、人権尊重の大切さを再確認する。A人権週間に向けた取り組みを通して、自らの人権意識を高める。B集会を運営することで、学校の一員であることを自覚する」ことをねらいとして人権平和集会を開催しました。
 生徒会長から、開催趣旨と生徒会が全校生徒に実施した「人を大切にするアンケート」の結果とそこから見えてくる現状の報告、基調提案がありました。今回は「いじめ・いやがらせの場面を見たとき、どのような行動をとったか」の質問項目を加えて、周囲の行動によって、いじめにつながる前に、早期に解決していけることや、意識だけではなく、行動に移していくことの重要性が全校生徒に訴えられました。その後は、各学年からそれぞれの学年でおこなった人権学習の成果について発表し、全校生徒で交流し合いました。
 最後に、全校生徒、全教職員が「ジグソーパズル」のピースをかたどった用紙にいじめ防止や人権、平和に対する思いをメッセージとして書き、それらをつなぎ合わせた、大きな「人権モニュメント」が披露されました。全員の人権、平和への思いの象徴として、玄関ホール正面に飾られました。
.