京都教育大学附属桃山中学校

11月5日(木)
狂言鑑賞教室を本校で開催!
〜プロの狂言師のパフォーマンスに圧倒されました!〜
 本校では、三年に一度の割合で本格的な「狂言」を鑑賞し、日本の古典芸能に触れることをねらいとした鑑賞教室を行っています。今回も茂山狂言会のプロの狂言師をお招きして、「柿山伏(かきやまぶし)」「神鳴(かみなり)」「濯ぎ川(すすぎがわ)」の三つの演目を上演していただきました。上演の前に、まず、NHKなどのドラマ出演でも活躍中の茂山逸平氏による、狂言の歴史や狂言独特の所作、場面転換の約束ごと、発声の仕方などについて、フロアーの生徒や保護者を巻き込みながらユーモア溢れるトークで解説がありました。その後、狂言が始まり、声量の大きさや表情の豊かさ、誇張した、滑稽さあふれる動作や、演者同士が繰り出す軽妙なやりとりに、大きな笑いが起こっていました。日本の古典芸能を脈々と受け継ぐプロの狂言師の方々のパフォーマンスは、さすがに見応えあるものでした。なお、本教室は育友会文化教養部行事も兼ねており、30名を越える保護者の方にご参加をいただきました。ありがとうございました。
.