京都教育大学附属桃山中学校
つゆくさアルバム 2015 春

7月13日(月)
帰国生徒学級行事として祇園祭岩戸山を曳きました
 「コンコンチキチン、コンチキチン」と、今年も京の町にこのお囃子が鳴り響き、暑い夏がやってきました。帰国生徒学級の行事として定着してきた「岩戸山」の曳き初めに、帰国生徒(16名)、保護者、先生方の計約30人が、参加しました。岩戸山保存会の方々に「附属さんはこちらで曳いてください。」と綱を曳く場所も用意していただき、千年の祭の一端に触れる体験をすることができました。曳き初め後には、「岩戸山」の歴史についてのお話を聞き「献酒」という文化にも触れました。これまで生活してきた地域の文化とは違う日本の伝統文化に自分の目と体で直接触れることを通して、内面にある「文化の殻」が破れ、自分の生活がさらに豊かなものになっていくことと思います。

.