京都教育大学附属桃山中学校
つゆくさアルバム 2015 春

3月9日(月)
3年生が救命講習を行いました
 3年生は、3月9日(月)に、京都市消防局の職員5名を講師としてお招きし、救命講習を行いました。生徒たちは、まず救急車が到着するまでに行う一次救命処置としての「心肺蘇生法」について学びました。職員の模範演技と説明を聞いた後、実際にペアになって訓練用の人形を使いながら、反応の確認、119番通報、AEDの要請、胸骨圧迫、気道確保、人工呼吸へと救命処置の流れを実技を通して確認しました。さらに、訓練用のAEDをを使って、実際に音声ガイドに従いながら、操作を体験しました。生徒たちは、交替しながら協力し合って真剣に取り組んでいました。この講習を受けたことで、参加生徒には京都市消防局より「普通救命講習修了証」が渡されました。今後の社会生活で、いつ救命処置の必要な場面に遭遇したとしても、慌てずに正しい方法で救命処置ができるように、この講習で学んだ事をしっかり生かしてください。
.