京都教育大学附属桃山中学校
つゆくさアルバム 2014 冬

12月10日(水)
第2回中国語教室文化交流会を開きました
 本校では、毎週水曜日の放課後に、中国語教室を開室しています。通常は中国語会話や中国語検定の学習をおこないますが、年に2回中国語教室文化交流会を開き、この時間には中国料理を学びながら中国のことを学ぶことになっています。
 第2回中国語教室文化交流会となる今回は、中国語教室の朴先生が講師となり、中国語教室の生徒たちと参加希望者の12名が中国の行事である「旧正月」についてお話を聞きながら、行事食でもある水餃子2種(ニラと卵あん)と(白菜と豚肉あん)と金玉満堂(松の実と野菜炒め)を作り、おいしく頂きました。朴先生のお話では「旧正月」で頂く水餃子にはお金が入れられており、それが当たると次の年はラッキーであるといわれているそうです。
 また来年度も文化交流会を開催し、子どもたちが他の国の文化を知る機会のひとつにしたいと考えています。
.