京都教育大学附属桃山中学校
つゆくさアルバム 2014 秋

11月22日(土)
近畿国立大学附属学校連盟・PTA連合会実践活動協議会に参加しました
 11月22日に、大阪教育大学附属平野小学校で「自分で考え、ひとと考え、みんなで創り出すPTA」のテーマで近畿国立大学附属学校連盟・PTA連合会の実践活動協議会が開かれ、本校からは4名の育友会員が参加しました。講演会では、文部科学省初等中等教育局教育課程課教科調査官から「これからの社会に求められる 21世紀型学力の育成」と題する講演がおこなわれ、社会の動向からこれからを生きるこどもたちに必要な力についてお話をいただきました。いかに自らが考え、人と共同して考えることが重要か、こどもにどのように教えるかではなく、子どもがどのように学ぶかが重要であると話され、必要な教育のありようや中身について考えさせられました。分科会では、「PTA」「家庭」「安全」のテーマに分かれて、育友会活動のあり方、学校園と保護者との関係、家庭でのコミュニケーション・教育方針・やる気の出させ方、また防犯・防災への取り組など多岐にわたるテーマで交流をし、皆様からご示唆をいただく機会となり、今回の実践活動協議会のテーマ・交流意義を感じました。
.