京都教育大学附属桃山中学校
つゆくさアルバム 2014 夏

7月2・3日(木・金)
2年生は、本学大学講師による能の鑑賞授業(音楽科)をおこないました
 本校2年3組は、京都教育大学の音楽科講師 高橋先生による「能の音楽の構成要素とイメージとのかかわりを感じ取って《船弁慶》を味わおう」という鑑賞の学習をおこないました。
 2時間扱いの1時間目として本時が設定されました。まずは能とそこで使われる楽器、演目《船弁慶》の概要を学習しました。そしてこの演目で使われる2曲を対比させながら聴き、その音楽が静御前が舞う時の音楽か平知盛が舞う時の音楽かを、根拠とともに考えます。各自が音楽を聴いて気づいたことを付箋に書き、それを持ち寄ってグループで意見交流しあい、どちらで使われる音楽か考えていきました。次時は各グループ毎にまとめた意見をクラス全体で交流しあい、能における音楽の役割について考えていきます。能の鑑賞は本校としては初めての試みです。
.