京都教育大学附属桃山中学校
つゆくさアルバム 2014 春

3月11日(火)
2年生は、分解してもののしくみを知る学習をおこないました
 本校2年生は、京都教育大学の沖花教授をお招きして、「身近な楽器のしくみを知ろう」という学習をおこないました。「鍵盤ハーモニカはどうして音がでるのか?」「普通のハーモニカとはどこが違うのか?」「ストロー笛をつくろう」というテーマで、身近に使われている楽器のしくみを、実験をおこないながら、学習しました。分解してもののしくみを知ることの楽しさを実感できた1日となりました。
.