京都教育大学附属桃山中学校
つゆくさアルバム 2013 冬

1月21日(火)
幼稚園で自作紙芝居の読み聞かせをおこないました
 幼稚園で自作紙芝居の読み聞かせをおこないました
 2年生は「家族と家庭生活」という家庭科の単元で、「幼稚園へ行こう」という授業をおこなっています。幼児生活に関する紙芝居を作成し、隣接する附属幼稚園で紙芝居の読み聞かせをおこなうという授業です。今日は、出来上がった紙芝居をもって、附属幼稚園を訪問しました。緊張している中学生を屈託のない笑顔の幼児が迎えてくれ、中学生は少し緊張がほぐれました。「おかたづけしようね」「わるいバイキンとはさようなら」「しんごうをまもろう」「はやねはやおき」「ひとりできられるよ」各自が作成した紙芝居を読み聞かせました。身近な話題に、幼児も紙芝居にくぎ付け、幼児の視線が、紙芝居のできばえを評価しています。中学生の読み聞かせにも熱が入りました。読み聞かせのあとは、お兄さん・お姉さんとなって園庭で園児といっしょに遊びました。昔あそびに鬼ごっこ、シーソーも大変人気がありました。
 お別れは、幼児と笑顔のハイタッチ。バイバイ、またね。
.