京都教育大学附属桃山中学校
つゆくさアルバム 2013 秋

12月11日(水)
中国料理づくりで文化交流をおこないました
 本校は、毎週水曜日の放課後に、中国語教室を開室しています。通常は中国語会話や中国語検定の学習をおこなっています。12月11日(水)の中国語教室は、中国語講師の先生に、家庭料理を紹介いただき、調理実習をしながら中国語の学習をおこないました。中国語教室参加以外の生徒も加わり、相互交流をしながらの料理作りで、メニューは「蟻が木に登る」(!)と「玉子ズーツァイスープ」です。調理実習の前には先生ご出身の中国四川の紹介などもおこなわれ、講師の中国語による説明、講師と生徒の会話など流ちょうな中国語が聞こえる教室となりました。料理名「蟻が木に登る」の意味も解け、身近な国際理解、文化交流のひとときとなりました。
.