京都教育大学附属桃山中学校
つゆくさアルバム 2013 夏

9月3−5日(火−木)
校長による1年生国語科 俳句創作の特別授業がおこなわれました
 1年生では、9月3日(火)・4日(水)・5日(木)の国語の時間に、植山校長による国語科俳句創作授業が開かれました。例句の紹介とともに俳句の約束事や創作のコツ、工夫のポイントなどが確認された後、生徒たちはさっそく「秋」をテーマに、先生が用意してくださった「秋の季語一覧」を参考に、俳句創作にチャレンジしました。「句相撲(くずもう)…二人が一定の題で一定の時間内に 俳句を作り、優劣を競うこと)」を行うということで、七分間という短い制限時間の中で、生徒たちは想像力をフル回転して、言葉を生み出し、五七五にまとめていきました。その後、二人の補助の先生が、東西に分かれて、生徒たちの俳句を一組ずつ詠み上げ、校長先生がそれぞれの俳句のうまさを批評しながら、最後に勝敗を決めていきました。句が詠み上げられるたびに共感や感嘆の声があがり、勝敗が決まるとガッツポーズとともに喜ぶ姿も見られました。この授業で作られた句は、後日、俳句コンクールに全員応募する予定です。応募前ということで、このページで作品を紹介できないのが残念ですが、一句でも多く入賞してくれることを期待しています。想像力と言葉の力が磨かれた、楽しく充実した1時間でした。
つゆくさフォトアルバム一覧はこちら
.