京都教育大学附属桃山中学校
つゆくさアルバム 2013 春

4月9日(火)
入学式挙行
 春爛漫の4月9日、平成25年度入学式が行われました。真新しい制服に身を包んだ122名の新入生は、来賓の方々や保護者の方々から心のこもった祝福のお言葉をいただきました。校長からは、「義務教育の発達段階は可能性の段階である。中学生活では自分の力を発揮して、可能性を広げてほしい」との式辞がありました。育友会長様からは自身の附属中学校での思い出を語る中で、中学校時代が生涯の友のできる時期であることのお話と、中学生がルールを守ることの意味をお話いただきました。また新入生からの「何度失敗してもめげずに立ち上がり、新しいことに挑戦してたくましく進んでいきたい」という決意の宣誓に、すばらしい中学校生活の始まりを予感しました。
つゆくさフォトアルバム一覧はこちら
.