京都教育大学附属桃山中学校
つゆくさアルバム 2012 冬

2月12日(火)
京都の伝統野菜「聖護院大根」がこんなに大きく育ちました
 「聖護院大根(しょうごいんだいこん)はカブラのような丸い形のダイコンです。 京野菜の1つで、京都の冬には欠かせない食材です。「形がちょっと変わっているだけ。」「たかがダイコン。」と思ったら大間違い。煮るとたいへん軟らかく、味がしみ込みやすくて、とろけるような口当たり。通常のダイコンと比べると、倍以上の値の高級品。」と紹介される京都の伝統野菜です。2年4組(帰国生徒教育学級)のクラス菜園には、この大根がゴロゴロ。夏の日差しにもめげずに水やりをしたおかげでこんなに大きく育ちました。菜園には、普通の大根もゴロゴロ!後日、聖護院大根は千枚漬けに、普通の大根はおでんに変身して、生徒の口に入ります。
つゆくさフォトアルバム一覧はこちら
.