京都教育大学附属桃山中学校
つゆくさアルバム 2012 冬

2月8日(金)
幼稚園で自作紙芝居の読み聞かせをおこないました
 2年生は「家族と家庭生活」という家庭科の単元で、「幼稚園へ行こう」という授業をおこなっています。幼児生活に関する紙芝居を作成し、隣接する附属幼稚園で紙芝居の読み聞かせをおこなうという授業です。今日は、出来上がった紙芝居をもって、附属幼稚園を訪問しました。中学生も幼児も緊張しての顔合わせ。幼児の真剣なまなざしに、声も大きくなります。「歯みがきできたね!」「道路には危険がいっぱい!」「くろことこはるの1日」。身近な話題に、幼児も紙芝居にくぎ付け、中学生の読み聞かせにも熱が入ります。幼児の視線が、紙芝居のできばえを評価してくれます。フゥ〜。緊張の授業が終わりました。その後は、園庭でしっかりとお遊び。お別れは、幼児と笑顔のハイタッチ。バイバイ、またね。
つゆくさフォトアルバム一覧はこちら
.