京都教育大学附属桃山中学校
つゆくさアルバム 2012 夏

7月26日(木)
第17回ディベート甲子園全国大会にむけて
 7月初旬におこなわれた「近畿・北陸地区中学・高校ディベート選手権」(第17回ディベート甲子園近畿・北陸地区予選)で優勝し、全国大会への切符を手にした本校チームは、真夏の暑さにもめげず、練習・引用文献の情報収集に汗を流しています。「日本は救急車の利用を有料化すべきである。是か非か」をテーマに、肯定側・否定側に分かれて活発に議論を戦い合わせています。中学生とは思えない集中力の高さが、今や本校チームの伝統になっています。「話す・聞く」力や論理的に意見を述べる力の育成など、日常の学習活動にも通じるものがたくさんあります。真夏の暑さのもと、担当教師は着実な仕上がりを感じつつ、最終段階の指導を続けています。
つゆくさフォトアルバム一覧はこちら
.