京都教育大学附属桃山中学校
つゆくさアルバム 2012 夏

7月13日(金)
祇園祭岩戸山を曳きました(帰国生徒教育学級)
 日本の伝統文化に親しむことをねらいに、1・2年生帰国生徒教育学級の生徒たちは、祇園祭岩戸山の曳き初めに参加しました。大勢の観光客が詰め掛ける中、地元の小学生や住民の方々と共に、曳き綱をしっかり握って大きな鉾を動かしました。 生徒たちは、祇園囃子(ばやし)の鳴り響く中、「エンヤラヤー」の掛け声に合わせて綱を引き、約100メートルの距離を一往復しました。日本の祭りの雰囲気、地元の方の熱意を感じながら、祇園祭に参加できたことの喜びを体中で受けとめました。なお、岩戸山は日本神話の「天の岩戸」と「国生み」をあらわした曳山で「天照大神」「手力男尊」、屋根には「伊弉諾尊」と三体のご神体が祀られている誇り高き山です。
つゆくさフォトアルバム一覧はこちら
.