京都教育大学附属桃山中学校

10月17日(月)
不審者侵入を想定した避難訓練をおこないました
 年間3回行う避難訓練(火災対応、地震対応、不審者対応)のうち、不審者対応の訓練を10月17日放課後におこないました。「門外よりの不審者侵入」という想定のもと、防災管理体制マニュアルにしたがい、生徒・教職員・警備員はそれぞれに自分の動きを確認し合いました。生徒への教室待機・避難指示、非常用押しボタン位置確認、外部関係機関への通報などを確認し、不審者対応の訓練を終了しました。
つゆくさフォトアルバム一覧はこちら
.