京都教育大学附属桃山中学校

9月30日(金)
帰国学級合同スピーチ発表会・講演会
 9月30日(金)に、帰国生徒教育学級1・2年生による合同スピーチ発表会が開かれました。このスピーチ発表会は日本語力の向上をねらいとしていますが、貴重な海外体験の意味や価値を考える場としても大切な機会となっています。26名の発表生徒は自分の海外体験や考えを友だちにしっかり伝えることができました。また、友だちのいろいろな海外体験を聞いて、国際社会に対する自分の見方を今以上に広げる機会としました。自分の考えを堂々と発表する姿に、友だちや保護者の方々から盛んな拍手が送られました。午後からは、海外で様々な体験をし、帰国後は社会の第一線でご活躍中の和田氏をお迎えし「帰国子女でよかった!」というテーマで講演をいただきました。今年で32回を数えるこの発表会、今年は講演を加えて充実した行事となりました。
つゆくさフォトアルバム一覧はこちら
.