京都教育大学附属桃山中学校
つゆくさアルバム 2011 夏

9月6日(火)
主免・卒業生教育実習をおこなっています
 本校は、大学の教員養成に関する教育活動に協力するという使命をもっています。8月29日より約3週間、主免・卒業生の教育実習を行っています。主免の教育実習とは、中学校で主となる免許を取得する学生を対象とした教育実習です。前日までに本校教員の指導のもとに学習指導計画を立てて授業にのぞみます。大学で学んだ最新の情報も加わり、パワフルな授業が展開されていきます。今年は「大学プロジェクト(教員養成高度化に対応する附属学校の教育実習スーパースクール化構想)」による教育実習指導の授業等のビデオ撮影・録音」もおこなわれています。周到に準備された授業を前に、例年にもまして生徒たちは緊張感をもって授業に臨んでいます。放課後には、生徒との楽しい交流も行われ、教室からは活気溢れる歓声が聞こえてきます。教育実習生は、日ごとに教職への自信を深めていきます。
つゆくさフォトアルバム一覧はこちら
.