<竹林公園へのアクセス>

阪急桂駅下車。市バス西3系統の、
南福西町(竹林公園前)から、徒歩約5分。
12月29日〜1月3日、毎週水曜日は休み。
AM9:00〜PM5:00(入園はPM4:00まで)





<資料館>

入場無料。
人工に作られた様々な形の竹や、
外国の竹を使った楽器などの展示を行っている。
大きな窓から、竹林公園内を一望できる。
竹工芸品の販売も行われている。
隣にある茶室は有料。





生態園
約5000uの敷地内に、京都特産の亀甲竹や黒竹をはじめとして、
全国各地から集めた約110種の竹が植えられている。



<竹のトンネル>
竹が重なり合って出来たトンネルがあり、
風でそよぐ竹の音や笹の葉を踏みしめる音などを聞きながら、
歩くことが出来る。


<人工的に作られた竹>
資料館で見たような真四角の竹を、
実際につくっている様子を見ることが出来る。
あて木をして四角く囲い、無理矢理真四角に育つようにする。
すぐ近くに、真四角に育った竹が見られる。
資料館に、加工された後の四角竹で作ったベンチがある。










<百々橋(どどばし)>
もと西陣寺之内の小川にかかっていた橋を復元した物。
応仁の乱の最初の戦いの際、細川勝元と山名宗全の率いる
東西両軍がこの橋を隔てて戦ったというエピソードが残っている。













<竹の音>
竹の太さ、節の長さによって、叩いて鳴る音が違う。
竹の澄んだ音色が静かな竹林に響いて神秘的だった。
ここに貼っている音は、二種類の竹を叩く音が
同時にはいっている。










<石像群>
地下鉄烏丸線の開通工事の際に発掘された物。
織田信長が足利義昭のために築いた
旧二条城の石垣に使われていたといわれる。