D  義経(牛若丸)の人柄。

 

〜義経とは〜

義経は、少年時代 牛若丸 と呼ばれていました。

京都の五条大橋上で、大男の弁慶をこらしめ、家来にしました。

義経は、戦えば必ず勝つと言うほど、すぐれた兵法家、戦術家でしたが、ただ強いだけ

ではありませんでした。学問の道・管弦の道(音楽の道)にいとなんでいました。

ですから、多くの家来たちにしたわれる情け深い武将でした。

それも、『源 義朝』(みなもとの よしとも)を、父に持ち、 

日本一と言われたほどの美人の『常盤』(ときわ)を母に持ち、義経は奈良でも比叡山でも

美少年の名が高く、そのうえ色は白く、繭は細く、女と間違えられるほどした。

これが、義経の人柄でした。