3.今、高瀬川は・・・

 明治二八年沿岸二条〜五条間を日本発のチンチン電車が通るようになり、川岸も整備されました。三条、四条、五条などの外はみな低い橋になっています。

 今でも川の近辺に多くの史跡が残っています。それは幕末の動乱期に尊王攘夷を称える多くの志士達が此の辺にひそみ、これを取締まる幕府側の人達と数々の事件を起こしたからです。高瀬川は二条木屋町あたりを起点としていて、そこには角倉家の旧家もあります。それに、「一の船入跡」も、史跡として保存されています。