★☆★☆★☆★作者★☆★☆★☆

司馬 遼太郎(しば りょうたろう)

本名を福田定一といい、大正12年に大阪市に生まれる。大阪外国語学校蒙古語部を卒業する。

昭和18年加古川の戦車第十九連隊に幹部候補生として入る。

昭和19年に満州へわたり、翌年本土防衛のため日本に戻り栃木県佐野市で終戦を迎える。

戦後は、京都の新日本新聞社で働いていたが退社。

その後、産経新聞社に入社する。大阪本社に転勤したころから小説を書き始める。

その後、色々な賞を受賞している。平成8年8月12日P.M.8時50分 大阪中央区国立大阪病院にて永眠。

                                                                                     
 ↓受賞した賞&受賞作品↓    

第8回講談倶楽部賞 「ペルシャの幻術師」
第42回直木賞 「梟の城」
第14回菊池寛賞 「竜馬がゆく」「国盗り物語」
第9回毎日芸術賞 「殉死」
第30回文藝春秋読者賞 ???
第6回吉川英治文学賞 「世に棲む日日」
読売文学賞 「ひとびとの跫音」
朝日賞  
日本文学大賞 「街道をゆく(22)―南蛮のみちT」
NHK放送文化賞  
第38回読売文学賞受賞 「ロシアについて」
明治村賞 「坂の上の雲」
第15回大佛次郎賞 「だったん疾風録」
文化勲章  

↓作品集↓

1955   「名言随筆・サラリーマン」

1957  「戈壁の匈奴」*「兜率天の巡礼」

1958    「白い歓喜天」

1959   「梟の城」*「大阪侍」

1960   「上方武士道」*「最後の伊賀者」*「豚と薔薇」

1961   「果新居士の幻術」*「風の武士」*「戦雲の夢」「おお、大砲」

1962    「一夜官女」*「古寺炎上」*「真説宮本武蔵」*「風神の門」

1963  「竜馬がゆく・立志篇」*「花房助兵衛」*「幕末」

1964   「竜馬がゆく・風雲篇」*「燃えよ剣」*「鬼謀の人」*「竜馬がゆく・狂瀾篇」*「尻啖え孫市」

1965    「酔って候」*「功名が辻・上下巻」*「竜馬がゆく・怒涛篇」*「城をとる話」「国盗り物語・斎藤道三(前編)」*「アームストロング砲」*「司馬遼太郎選集」

1966    「北斗の人」*「国盗り物語・斎藤道三(後編)」*「国盗り物語・織田信長(前後編)」*「司馬遼太郎集」*「俄ー浪花遊侠伝」*「竜馬がゆく・回天篇」*「関ケ原(上・中・下)」

1967  「十一番目の志士」*「最後の将軍」*「司馬遼太郎集」*「殉死」*「豊臣家の人々」

1968   「司馬遼太郎集T・U」*「夏草の賦」*「新史太閤記」*「日本剣客伝ー宮本武蔵」*「義経」*「喧嘩草雲」「故郷忘れじがたく候」*「伊賀の四鬼」*「慶応長崎事件」*「美濃浪人」*「軍師二人」*「おれは権限」

1969   「歴史を紀行する」*「妖怪」*「手掘り日本史」*「大盗禅師」*「歴史と小説」*「歳月」     

1970  「日本の歴史を点検する」*「日本伝奇名作全集15・司馬遼太郎」*「馬上少年過ぐ」*「花の館」*「司馬遼太郎集」

1971  「世に棲む日日(一・二・三)」*「司馬遼太郎短篇総集」*「日本人を考える」*「日本史探訪T」*「新選組」*「坂本竜馬」*「関ケ原」*「織田信長」*「城塞(上巻)」

1972   「城塞(中・下)」*「楠木正成」*「緒方洪庵」*「花神(1・2・3・4)」*「日本人と日本文化」*「日本史探訪」*「新世界ー蝦夷開拓史」

1973   「幕末遺欧使節」*「楠木正成」*「民族とその原形体制ー日本とはなんだろうという私見」*「歴史を考える」*「人間の集団」*「覇王の家」*「日本史探訪(Z・[・\)」*「街道をゆく(三)」    

1974    「古典と現代」*「歴史の中の日本」*「古代日本と朝鮮」*「歴史と視点ー私の雑記帖」*「吉田松陰を語る」*「日本史探訪(])」*「街道をゆく(四・五)」    

1975   「播磨灘物語(上・中・下)」*「空海の風景(上・下)」*「日本の渡来文化」*「鬼灯ー摂津守の叛乱」*「街道をゆく(六)」

1976    「樹霊」*「長安から北京へ」*「土地と日本人」*「街道をゆく(七)」

1977    「木曜の夜会」*「天下大乱を生きる」*「水上勉・司馬遼太郎集」*「街道をゆく(八・九)」

1978   「対談ー中国を考える」*「日本人の内と外」*「西域をゆく」*「朝鮮と古代日本文化」*「街道をゆく(十)」

1979   「胡蝶の夢(一・ニ・三・四・五)」*「燃えよ剣・奇妙さ」*「街道をゆく(十一)」

1980   「項羽と劉邦(上・中・下)」*「日本人の顔」*「街道をゆく(十二)」

1981    「シルクロード6 民族の十字路」*「桑原武夫伝習録」*「歴史の夜咄」*「人々のアシ音(上・下)」*「街道をゆく(十三〜十六)」

1982    「菜の花の沖」*「街道をゆく(十七〜十九)」

1983    「日韓理解への道」*「街道をゆく(二十〜二十一)」

1984   「歴史の舞台」*「微光の中の宇宙」*「箱根の坂(上・中・下)」*「シルクロード全ての道はローマに通ず」*「街道をゆく(二十二〜二十四)」

1985  「街道をゆく(二十五〜二十六)」

1986   「日本歴史文学館13・播磨灘物語」*「アメリカ素描」*「ロシアについて」*「故郷忘れじがたく候」*「西郷隆盛を語る」*「街道をゆく(二十七〜二十八)」

1987   「韃靼疾風録(上・下)」*「街道をゆく(二十九)」

1988    「近江路散歩」*「微光の中の宇宙」*「街道をゆく(三十〜三十一)」

1989    「街道をゆく人名・地名録」*「街道をゆく(三十二〜三十三)」*「明治という国家」

1990   「明治という国家」*「太陽の国の物語」*「この国のかたち(一〜ニ)」*「街道をゆく(三十四)」*「対談集東と西」

1991   「日本語の起源」*「風塵抄」*「春灯雑記」*「街道をゆく(三十五)」

1992    「草原の記」*「時代の風音」*「世界の中の日本」*「この国のかたち(三)」*「街道をゆく(三十六〜三十七)」           

1993   「八人との対話」*「十六の話」*「山片幡桃賞の軌跡」*「街道をゆく(三十八)」

1994    「この国のかたち(四)」*「街道をゆく(三十九〜四十)」

1995    「九つの問答」*「街道をゆく(四十一)」

1996   「この国のかたち(五)」*「風塵抄二」*「街道をゆく(四十二)」*「対談集東と西」