2.『古都』のあらすじ

京都の呉服問屋の一人娘として美しく育った千重子は、実は捨て子でした。

でも、それを忘れるほどに大切にされていました。

千重子のことが好きな、幼なじみの真一は、千重子を京都の平安神宮へ花見に誘います。

そこで、千重子は真一に、自分が捨て子であることを話します。

そのあとは…お楽しみに・・・・・・・。読んでくださいねェ☆★