☆〜平家物語紹介(鹿ヶ谷)〜〜★

   この話「平家物語」は日本の古典の中でも一番多くの人々  に、親しまれました。平家物語と聞けばすぐこの文句(詩)を  思い出す人は多いのではないでしょうか???

     祇園精舎の鐘の声

     諸行無常のひびきあり

     娑羅雙樹の花の色

     盛者必衰のことわりをあらわす

  これは平家物語の1番はじめに出てくる有名な詩の文句です。  この話は、大まかに分けるならば

     「平氏の盛時・流離・滅亡が平清盛・源義仲・

      源義経」の三人の英雄の衝突を中心に展開するように          構成されています。

  その「平家物語」の中にも京都の話が・・・。京都東山のふも  とに「鹿ヶ谷」というところがあります。そこが舞台(俊寛僧  都の山荘があります。)となっている話もあります♪    

  ☆★(そこに行ってきました−♪行きたい方はレポも                 あるので見てください。) 

 

   ので!!!是非読んでみて下さい***

   少し難しいけども是非是非★☆★☆★           

               (参考資料) 『平家物語 長野甞一』