↑この写真は壁紙にもできます。

京都の地下鉄東西線は、京都の二条〜醍醐間(12.7km)を結ぶ、平成9年10月12日に開通した、結構新しい地下鉄です。
その東西線で、発車するときに流れる音楽(発メロ)に、いかにも京都伏見(っぽい)らしい音楽が使われているので、紹介したいと思います。 


次の説明は京都市交通局のhttp://www.city.kyoto.jp/kotsu/sound/au_tozai.htmから、引用しました。

古都の朝靄(ことのあさもや)474KB
(各駅共通 上り醍醐行き)
とばりのように京の町並みに降りてくる朝靄の印象がモチーフになっています。


醍醐寺の鶯(だいごじのうぐいす)543KB
(各駅共通 下り二条行き)
東西線の終点、醍醐駅の近くある醍醐寺の梢にとまる鶯をイメージしてあります。


春開き(はるびらき)527KB
(御陵駅 京阪京津線京都市役所前行き)
京都の穏やかな春の雰囲気を水琴窟の音をベースに仕上げてあります。


詩仙堂猪脅し(しせんどうししおどし)535KB
(御陵駅 京阪京津線浜大津行き)
古都の雅やかな情景を想起させる旋律に、ししおどしの音が強烈なインパクトを与えています。