この酒造りの唄は酒造り職人の人が声を合わせて樽をかき混ぜている時に唄う唄です。また街頭インタビューをしてみると伏見区ではやはり『水』というイメージがあるそうで近くにお酒造りの唄が聞けるところがあると先生に聞きこの音をとることにしました。


   これは記念館前にある涌き水の出ているところです。
                

←「大倉酒造」蔵品