伏見トレビの水は、サティ−の前にひっそりとありますが、説明もきちんと書いてあります。説明には、「この水は地下水で、1日に数センチから、十センチぐらいのゆっくりした速度で流れている」と書いてありました。